ヨークシャーテリアってどんな犬?性格や特徴を色んな角度からご紹介!

 

ヨークシャンテリアは見た目が可愛いだけではなく高級感が漂っており動く宝石と称されます。

 

また顔の毛の量が多いのが特徴でその表情の可愛らしさも魅力です。

 

そんなヨークシャンテリアがどんな性格でどんなお手入れが必要なのかをご紹介して行きます。

 

 

ヨークシャーテリアの歴史

 

ヨークシャーテリアは、1800年代にイギリスの北部のヨークシャー群工員や炭鉱夫がネズミ捕りのために数種類の犬を交配させて作り出したと言われています。

 

当時は現在の姿と違いネズミ捕りのために飼われていたので愛玩犬としての人気はありませんでした。

 

交配を進めて現在のようにサイズが小さく可愛くなり貴族などの上流階級でも人気になって来ました。

 

日本では高度成長期に入ってから人気が出てヨークシャーテリアを飼う家が増えました。

 

 

ヨークシャーテリアの性格

 

ヨークシャーテリアの性格は、見た目通りにおとなしく気品があります。

 

その反面もともとネズミ捕りように作られた犬なので、大変勇敢な性格で見た目から想像することが出来ないほど冒険が大好きでエネルギッシュで時には事件を起こしてしまうこともあります。

 

また社交的な性格で人見知りをすることなく初めて会う人でも遊んであげると喜びます。

 

 

ヨークシャーテリアのオスとメスの性格の違い

 

どの犬もオスとメスは性格が違うと言われていますが、ヨークシャーテリアも例外ではありません。

 

 

1.オスの性格

 

ヨークシャーテリアのオスの性格はメスと比べると甘えん坊で飼い主さんに甘えて行きます。

 

また人への関心が強く好奇心が旺盛なのがオスの性格の特徴です。

 

 

2.メスの性格

 

メスのヨークシャーテリアは子犬の頃は、オスと同様に活発な性格をしています。

 

しかし年齢を重ねて行くとメスは、落ち着いて行き思慮深くなるのがメスの性格の特徴です。

 

 

ヨークシャーテリアの体の大きさ

 

ヨークシャーテリアは、チワワについで小さいと言われており成犬になっても他の犬種の子犬ほどの大きさにしかなりません。

 

そんなヨークシャーテリアの体高は、18センチから23センチです。

 

体重は、2キロから3キロの体重が平均的な体重になります。

 

しかしこの大きさはあくまでも平均的な大きさでヨークシャーテリアは成犬になった際の個体差が大きい犬種で成犬になっても2キロに満たないヨークシャーテリアもいますし逆に7キロを超えるヨークシャーテリアもいます。

 

 

ヨークシャーテリアのしつけ

 

ヨークシャーテリアを家族として迎える場合にはその気質をしっかりと把握してからしつけることが大事です。

 

よくヨークシャーテリアのしつけは難しいと言われますが、元々頭の良い犬種なので一度覚えたことは忘れません。

 

そういう意味ではしつけはしやすい犬種です。

 

ヨークシャーテリアがしつけが難しいと言われるのは、飼い主のことをしっかりと見ており飼い主がリーダーらしい振る舞いをしないと言うことを聞かなくなってしまうことがあります。

 

そうならないためには飼い主が、ヨークシャーテリアとの間に飼い主がリーダーでありヨークシャーテリアがが2番目であるという認識をさせる必要があります。

 

見た目の可愛いさから甘やかしてしまいがちですが、主従関係をはっきりとさせることが大切です。

 

主従関係がはっきりとしていれば、頭の良い犬種なのでトイレのしつけやその他のしつけもすぐに覚えてくれます。

 

しつける時には、上手に出来たらとにかく褒めてあげることがポイントです。

 

 

ヨークシャーテリアは長生き

 

犬を飼う時に気になるのがなるべく長生きして欲しいので寿命です。

 

ヨークシャーテリアは一般的な平均寿命が15歳と言われています。

 

もちろん個体差がありますから、もっと短命のヨークシャーテリアもいますし、その逆に長生きのヨークシャーテリアもおり20年以上生きた犬も多くいます。

 

ヨークシャーテリアを長生きさせてあげるのに気を付けてあげるのは病気や怪我です。

 

もしいつもと様子が違うと思ったら早めに動物病院に連れて行くことヨークシャーテリアを長生きさせてあげることは出来ます。

 

 

ヨークシャーテリアの運動

 

小さなヨークシャーテリアは室内を走りまわるだけで運動量としては十分です。

 

そのため無理に散歩をさせる必要はありません。

 

しかし、運動量は十分でも散歩には周辺の風景を見たり他の動物や人間と触れ合うことが出来る場です。

 

また犬も人間と同様に太陽の光を浴びることで体内でビタミンDを生成します。

 

ビタミンDだけではなく太陽の光を浴びることで体内のセロトニンというホルモンが分泌され精神を安定させてくれます。

 

その他にも散歩することで冒険好きのヨークシャーテリアの好奇心も満たしてくれることが出来るので散歩は必要です。

 

散歩の量は長時間の散歩は逆によくなく朝晩2回で5分から10分程度で十分です。

 

 

ヨークシャーテリアはの毛色は変化する

 

犬種によって毛色のバリエーションがありますが、ヨークシャーテリアの場合には他の犬種と違い成長するにつれて毛色が変化して行きます。

 

ヨークシャーテリアの場合には生まれた時には、ブラック&タンと呼ばれるほぼ真っ黒の状態で生まれて来ます。

 

他の犬種は、ほとんど生まれた色のままで成長しますが、ヨークシャーテリアは成長するにつれて毛色が変化して行くので他の犬種とは違いその毛色の変化を楽しむことが出来ます。

 

毎日見ているとヨークシャーテリアの毛色の変化に気付きにくいですが時々写真を撮ってみるとその色の変化に飼い主さんは驚くはずです。

 

他の犬種にはない楽しみ方が出来るのが、ヨークシャーテリアです。

 

 

ヨークシャーテリアのお手入れ

 

美しい被毛が特徴のヨークシャーテリアですが、そのお手入れについてご紹介します。

 

ヨークシャーテリアは、抜け毛が少ない犬種でその点でとても楽です。

 

しかい美しい長い被毛を綺麗に保ってあげるためには、定期的なお手入れが必要になります。

 

ヨークシャーテリアは独自の長毛種のため被毛を放置しておくと伸びてしまいとんでもない長さになってしまいます。

 

そのためヨークシャーテリアの被毛を結んであげたり、こまめにカットしてあげる必要があります。

 

また美しい被毛を保つためには、毎日のブラッシングも大切で丁寧にブラッシングしてあげることで毛玉になるのを防ぐことが出来ます。

 

 

ヨークシャーテリアの飼育費用

 

犬を飼う時に気になるのが飼育費用です。

 

ヨークシャーテリアはチワワに次いで小型犬なので飼育費用はあまり掛からないと言われています。

 

食欲は見た目とは違い旺盛だと言われていますが、身体が小さいので食欲旺盛でもドッグフードの量はそんなに多く必要はありません。

 

飼い始めに掛かる初期費用も中型犬や大型犬に比べると全部小さい物を用意すればいいので安く抑えることが出来ます。

 

ただしヨークシャーテリアは、長毛種なので1ヶ月か2ヶ月に1回のトリミングの費用が掛かります。

 

しかし、他の犬種と比較すると飼育費用は掛からない方です。

 

 

まとめ

 

動く宝石と称される美しい犬種であるヨークシャーテリアを性格や特徴などにポイントをおいてご紹介しました。

 

ヨークシャーテリアのいろいろな魅力が分かって頂けたと思います。

 

ヨークシャーテリアは見た目の美しさとは違い、ネズミを捕るために交配されたことから勇敢で好奇心旺盛な一面も持っています。

 

しかしその見た目と違った内面もヨークシャーテリアの魅力かもしれません。

 

またヨークシャーテリアは成長と共に毛色が変化していくので他の犬種にはない楽しみ方が出来ます。

 

初めての方でも飼いやすい犬なので家族として向かい入れるのにはヨークシャーテリアは適しています。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

〈PR〉


ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。