意外と知らないヨークシャーテリアの豆知識とは?

 

ヨーキーの愛称で多くの人に親しまれているヨークシャーテリア愛玩犬御三家の一つとして日本では、長い間人気となっています。

 

ヨークシャーテリアの魅力は、何といっても動く宝石とも呼ばれているその美しい被毛と表情豊かな瞳です。

 

そんなヨークシャーテリアですが、どんな犬なのでしょうか?

 

ヨークシャーテリアについて探って行きたいと思います。

 

 

ヨークシャーテリアの歴史

 

ヨークシャーテリアというと今では、その美しい姿から動く宝石とも呼ばれていますが、この美しい姿は最初からではありません。

 

今のような姿になるまでには、いろいろな歴史があります。

 

ヨークシャーテリアは、比較的歴史の浅い犬種です。

 

19世紀の中頃に、イギリスのヨークシャー地方の工業地帯で家を荒らすネズミの駆除のために工員たちがテリアを交配して作ったのが始まりだと言われています。

 

しかもこの当時は今のように身体が小さくはなく、名前も「ブロークン・ヘアード・スッコチ・オア・ヨークシャーテリア」何とも長い名前だったために定着しませんでした。

 

その後、小型化するための運動が高まり交配が繰り返され今のような小さな身体で美しい被毛を持つ姿になりました。

 

改良された結果、動く宝石と呼ばれる美しさになり愛玩犬として人気が出て多くの人が飼うようになりました。

 

日本では高度成長期の頃から一般家庭で飼われるようになりその頃から現在まで人気の犬種としてのその人気を維持しています。

 

 

ヨークシャーテリアの見た目と違う性格

 

ヨークシャーテリアの見た目は小さく、美しい姿でおとなしい性格なのではと思っている人も少なくないはずです。

 

しかしヨークシャーテリアは、見た目とは違う性格なんです。

 

実は、ヨークシャーテリアは気が強く勇敢な性格で、番犬としての役割を果たすことが出来ます。

 

陽気で社交的な性格でもあり、知らない人とでも楽しく遊ぶことが出来ます。

 

また元々ネズミ捕りとして作られたヨークシャーテリアは好奇心旺盛で冒険が大好きな犬種で飼い主さんを時には驚かすこともあるんです。

 

 

ヨークシャーテリアのオスとメスの性格の違い

 

ヨークシャーテリアに限らず犬って、1匹1匹が違いそれが飼い主さんにとっては魅力です。

 

個体差もありますが、オスとメスでは随分と性格が違うと言われています。

 

 

ヨークシャーテリアのオスの性格

 

動物はメスにアピールするためにオスの方が見た目が美しいと言われています。

 

ヨークシャーテリアもそうで、オスの方が被毛が美しいという特徴があります。

 

見た目だけではなく、性格も違いオスの方がメスの比べ甘えん坊で好奇心旺盛で、少しやんちゃな所があります。

 

 

ヨークシャーテリアのメスの性格

 

ヨークシャーテリアのメスの性格は、子犬の頃は甘えん坊で好奇心旺盛でオスと同じですが、成長して来ると精神的に落ち着いて来て落ち着いた性格になります。

 

 

ヨークシャーテリアのしつけ

 

犬をしつける時にはその犬種の性格や特徴を把握してからしつけることが大切です。

 

ヨークシャーテリアは、頑固な一面があるので最初のしつけを失敗してしまうとしつけるのに時間が掛かってしまいます。

 

最初にヨークシャーテリアにルールを覚えされば、しつけはやりやすくなります。

 

そのルールとは、飼い主さんがリーダーでありヨークシャーテリアが2番であるということです。

 

この主従関係を理解させれば、元々頭の良い犬種であるヨークシャーテリアは教えたことはしっかりと覚えてくれるのでしつけがしやすいです。

 

ただし主従関係が、家族と同じ食事を与えたり一緒に寝たりすると崩れてしまい言うことを聞かなくなってしまうことがあるので可愛いからと家族と同じ食事を与えたり、一緒に寝たりしないことです。

 

 

ヨークシャーテリアは目で話をする

 

ヨークシャーテリアは、目で話す犬とも言われています。

 

表情が豊かで飼い主さんがそばにいる時には、嬉しそうな表情をしてくれ、飼い主さんが辛い時にはヨークシャーテリアも悲しそうな表情をしてくれ、飼い主さんの傍に寄り添ってくれます。

 

ヨークシャーテリアは飼い主さんの気持ちに寄り添ってくれるんです。

 

 

運動能力が高い犬種

 

見た目からするとあまり運動が得意ではなさそうなヨークシャーテリアですが、運動能力が高い犬種です。

 

小型犬ではありますが、意外と筋肉質引き締まった体型をしています。

 

運動能力も高く、ネズミ捕りをしていた気質を受け継いでおり機敏に動くことが出来ます。

 

ネズミ捕りをしていた頃の名残で、脚力があり疲れ知らずで室内でも走り回りジャンプ力も相当あります。

 

そのため、室内でも高くジャンプしてしまうことがあるので室内のフローリングなどの部分はカーペットを敷いて足へのダメージが掛からないようにしてあげた方が安全です。

 

 

ヨークシャーテリアの散歩

 

ヨークシャーテリアは、身体が小さく運動量は室内の中で走り回るだけで十分ではあります。

 

しかし好奇心旺盛なヨークシャーテリアを満足させてあげるためには散歩は必要です。

 

散歩は、1回10分程度を朝晩2回程度してあげれば十分です。

 

散歩をさせることで他の人や他の犬と出会い、社交性を身に付けることも出来ます。

 

 

ヨークシャーテリアの毛色は7回変わる

 

ヨークシャーテリアというと、その美しい被毛が綺麗で動く宝石と呼ばれています。

 

ヨークシャーテリアの被毛はまるでシルクのような手触りで、シルキーコートと呼ばれています。

 

その美しい被毛ですが、生まれた時はブラック&タンと呼ばれる真っ黒な色で生まれて来ます。

 

その後成長するにつれてブラックカラーにツヤが出て来て、毛色が変化して行きます。

 

2歳ぐらいで本来のヨークシャーテリアの色は落ち着きますが、その後も毛色は変化して行き一生で7回変化すると言われています。

 

毛色の変化は、個体により違いますが一番多いのが、徐々に毛色が薄くなって行く個体が多いようです。

 

飼い主さんはヨークシャーテリアを飼うと、その毛色の変化を楽しむことが出来ます。

 

 

ヨークシャーテリアはいろいろなスタイルが楽しめる

 

散歩させているヨークシャーテリアを見ると、長い被毛のヨークシャーテリアや短く刈り込んだヨークシャーテリアなど、いろいろなスタイルのヨークシャーテリアを見ることが出来ます。

 

同じヨークシャーテリアでも長く被毛を伸ばすと、優雅な雰囲気になったり短く刈り込みとキュートなイメージになります。

 

ヨークシャーテリアは、シングルコートと呼ばれる被毛で真っ直ぐ長く被毛が伸びて行くので、飼い主さんはいろいろなスタイルを楽しむことが出来ます。

 

 

ヨークシャーテリアは抜け毛が少ない

 

犬というと抜け毛が多いというイメージがあります。

 

しかしヨークシャーテリアは、抜け毛が少ない犬種で抜け毛が部屋の中に多く落ちたり、抱っこした時に抜け毛が洋服に付くといった心配のない犬種で抜け毛が多い犬種と比べると、掃除を頻繁にしなくて済むので楽です。

 

 

ヨークシャーテリアは長生き

 

ヨークシャーテリアは華奢な身体で寿命が短いのではと心配する人もいますが、大型犬に比べると寿命は長い方です。

 

飼い主さんが健康管理を気を付けてあげれば、日本国内でも20歳を過ぎて生きたというヨークシャーテリアも少なくありません。

 

ヨークシャーテリアを家族として迎え入れたら、飼い主さんは健康に気を付けてあげることが大切です。

 

 

まとめ

 

ヨークシャーテリアについて意外と知らない豆知識をご紹介して来ました。

 

動く宝石と呼ばれる美しい被毛を持つヨークシャーテリアですが、見た目とは違い勇敢で個性的な性格をしています。

 

家族の一員として迎え入れれば、かけがえのない家族になることは間違いありません。

 

初めての人でも飼いやすい犬種なので、是非ヨークシャーテリアを飼ってみて下さい。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

〈PR〉

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。