ヨークシャーテリアを飼う方は必見!お世話についてお話しします!

 

ヨークシャーテリアは、ヨーキーと言う愛称で呼ばれている可愛い瞳で上品で美しい被毛を持つ犬種です。

 

その美しい姿から動く宝石とも呼ばれており、愛玩犬として世界中の人から長い間愛されています。

 

犬を飼う時に気になるのは、やはりお世話が楽か?です。

 

ヨークシャーテリアのお世話が楽なのかを探って行きます。

 

 

ヨークシャーテリアの歴史

 

ヨークシャーテリアは、現在では動く宝石と呼ばれている美しい姿をしていますが、昔の姿は今とは違っていました。

 

ヨークシャーテリアは1800年代にイギリスのヨークシャーで工員や労働者がネズミを捕るために、複数のテリアを交配させて作り始めたのがはじまりです。

 

当時は今のような見た目とは違い、ネズミ捕りやアナグマ狩りに使われていました。

 

名前も「ブロークン・ヘアード・スコッチ・テリア」という名前であまりにも長い名前で定着しませんでした。

 

1900年代に入り、ヨークシャーテリアの小型化するための運動が高まり小型化が進みました。

 

多くの人の努力の結果、現在の大きさになり動く宝石と呼ばれる美しい被毛を持つ犬へと変わりました。

 

この時代から現在までヨークシャーテリアは、世界中の人に愛されています。

 

 

ヨークシャーテリアの大きさ

 

犬を飼う時には犬種も迷いますが、犬の大きさも迷うはずです。

 

犬の大きさは好みの問題もありますが、大きな犬種の犬を飼うのは慣れた人でないと難しいと言われています。

 

小型犬の方がお世話は楽だと言われています。

 

ヨークシャーテリアの大きさは、チワワに次いで小さいと言われており成犬でも体重が平均で2キロから3キロです。

 

ただしヨークシャーテリアは、交配されてからの歴史が浅いことが原因で個体差の大きな犬種だと言われています。

 

そのため小さい個体では2キロに満たない個体もおり、逆に大きな個体だと7キロを超える個体もいます。

 

個体差はありますが、ヨークシャーテリアは、身体が小さく軽いので抱っこなどもしやすくとてもお世話が楽です。

 

身体が小さく体重が軽いので女性や高齢者の人でも負担なく飼うことが出来る犬種です。

 

また身体が小さいので、アパートやマンションなどの1室でも飼うことも出来ます。

 

 

ヨークシャーテリアの散歩

 

犬を飼う時に気になるのは、毎日の散歩の量です。

 

忙しい人や高齢の人などは、この散歩が負担になって犬を飼えないという人もいます。

 

ヨークシャーテリアの必要な運動量は、室内を走り回るだけで十分だと言われています。

 

ただし、それでは外の風景も見ることが出来ませんし他の人や犬とも出会うことが出来ませんからヨークシャーテリアがストレスが溜まってしまいます。

 

ヨークシャーテリアに散歩は必要ですが、多くの散歩は必要なく朝晩の2回、10分程度の散歩で十分です。

 

ヨークシャーテリアは、運動量としては室内の運動で足りているので忙しい人は、散歩は毎日でなくても大丈夫です。

 

散歩が毎日必要な犬種と比べると、お世話が楽です。

 

散歩も小型犬なので、女性でもリードを引っ張られることないので犬をコントロールしやすく楽に散歩が出来ます。

 

 

ヨークシャーテリアの性格

 

ヨークシャーテリアの性格は、よくテリア気質だと言われますが、テリア気質とはどんな性格なのかをご紹介します。

 

テリア気質とは、頭の回転が速く気が強く勇敢で自分より大きな犬にでも向かって行く強さがあります。

 

ヨークシャーテリアがテリア気質なのは、昔ネズミ捕りのために複数のテリアを交配させて作られた犬で、その気質を受け継いでいるからです。

 

テリア気質で頑固な面もありますが、飼い主さんに常に寄り添ってくれる性格です。

 

ヨークシャーテリアは飼い主さんが、落ち込んでいたりすると飼い主さんの顔を覗き込んで、目をじっと見つめて来ます。

 

涙などを流しているとその涙をペロペロと舐めて慰めてくれます。

 

ヨークシャーテリアを飼うことで、飼い主さんは癒されます。

 

 

ヨークシャーテリアは抜け毛が少ない

 

犬を飼っている人の悩みで抜け毛が多い犬種を飼っていると、毎日の掃除が大変だと悩みを抱えている人は多くいます。

 

ヨークシャーテリアは、シングルコートと呼ばれる被毛の構造で換毛期もなく普段の抜け毛が少ない犬種です。

 

ブラッシングした時には、多少の抜け毛はありますが抜け毛の多い犬種に比べると抜け毛が少なく室内の抜け毛の掃除も楽です。

 

ただしヨークシャーテリアの毛は抜け毛は少ないですが真っ直ぐどんどん伸びて行くのでトリミングが必要になります。

 

しかしトリミングもヨークシャーテリアの魅力で、被毛を伸ばして結んでもらったり短くカットすることも出来て飼い主さんの好みのスタイルを楽しむことが出来ます。

 

ブラッシングも簡単で理想は、毎日ブラッシングしてあげることですが、忙しい場合には3日に1度程度のブラッシングで大丈夫ですから、ブラッシングも楽です。

 

 

ヨークシャーテリアのしつけ

 

ヨークシャーテリアは、頑固な一面がありしつけをしにくいと思っている人もいますが、しつけのポイントさえ知っていればヨークシャーテリアのしつけは楽です。

 

 

ヨークシャーテリアのしつけのポイント

 

ヨークシャーテリアのしつけのポイントは、まず飼い主とい愛犬との関係をきちんとさせることです。

 

飼い主さんが一番で、ヨークシャーテリアが二番であることを理解させることが大切です。

 

ヨークシャーテリアが飼い主さんが自分のリーダーだと理解すれば飼い主さんの言うことをしっかりと聞いてくれるようになります。

 

ヨークシャーテリアは、元々頭が良い犬種なので一度覚えたことは忘れないのでしつけはしやすいです。

 

ただしヨークシャーテリアが、可愛いからと言って家族と同じ食事を与えたり、一緒に寝たりするとヨークシャーテリアが自分が二番であることを忘れてしまいせっかく築いて飼い主さんとヨークシャーテリアの関係が崩れてしまいます。

 

可愛いヨークシャーテリアですが、飼い主さんが一番で愛犬が二番という関係を崩してはいけません。

 

 

ヨークシャーテリアの毛色の変化

 

ヨークシャーテリアというと動く宝石と呼ばれるほど美しい被毛が特徴です。

 

ヨークシャーテリアは、ブラック&タンと呼ばれるほぼ真っ黒の色で生まれて来ます。

 

他の犬種は、生まれた時の色のまま成長して行きますがヨークシャーテリアは、成長と共に毛色が変化して行きます。

 

ヨークシャーテリアは、一生のうちに7回毛色が変化すると言われています。

 

しかもどんな色に変化するかは、個体によって違うので親や兄弟とも同じ毛色にはなりません。

 

ヨークシャーテリアを飼うと、毛色の変化を楽しむことも出来ます。

 

 

ヨークシャーテリアの飼育費用

 

どの犬種も同じですが、犬を飼うと生活用具を整えたり、ドッグフードなどいろいろな物を揃えなくてはいけません。

 

ヨークシャーテリアは小型犬で身体が小さいの生活用品であるケージやトイレ、首輪やリードなどの物が全て小さい物で済みます。

 

大型犬と比べると安い費用で買い揃えることが出来ます。

 

ドッグフードも身体が小さいので食べる量が少なく高いドッグフードを与えても費用は安く済みます。

 

ヨークシャーテリアはお世話が楽なだけではなく、飼育費用が安い犬種です。

 

 

まとめ

 

ヨークシャーテリアの性格やしつけの方法などをご紹介して来ました。

 

ヨークシャーテリアは見た目が可愛く美しいだけではなく飼いやすい犬種でとてもお世話が楽です。

 

犬を飼うのが、はじめての人でもお世話が楽なので飼うことが出来ます。

 

また身体が小さいので、女性や高齢の人でも無理なく飼うことが出来る犬種です。

 

飼い主さんに寄り添ってくれる犬種なので家族として迎えいれれば飼い主さんを癒してくれます。

 

ヨークシャーテリアを飼ってみたいと考えている人は、家族として迎え入れてその魅力を実感して下さい。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

〈PR〉


ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。