トイプードルの人気の色とは?

 

クルクルとカールした被毛でまるでぬいぐるみのような可愛さのトイプードルですが、その被毛の色のバリエーションは豊富なんです。

 

街中でもいろいろな毛色のトイプードルが散歩している姿を目にしますよね。

 

そんなトイプードルの人気の毛色紹介や特徴についてご紹介して行きます。

 

 

トイプードルのルーツとは

 

まるでぬいぐるみのように可愛いと、日本では人気NO.1の犬種であるトイプードルは今日本で一番飼われている犬種です。

 

しかし、最初から今のような可愛いぬいぐるみのような姿ではありませんでした。

 

トイプードルの毛色についてご紹介する前に、トイプードルのルーツについて探って行きます。

 

トイプードルのルーツに関しては、諸説あり今でもはっきりとしていませんが、一番有力とされているのがフランス原産説です。

 

プードルは元々、泳ぎが得意で鴨猟の回収犬として活躍していました。

 

その後、フランスの貴族の間で人気が出て小型化させるための交配が行われてトイプードルが誕生したんです。

 

トイプードルは先祖が、猟犬だったこともありその先祖の気質をそのまま受け継いでおり好奇心旺盛で活発で体力があります。

 

 

トイプードルの体型

 

トイプードルというとみんな同じ体型だと思っている人も少なくないはずです。

 

しかしトイプードルの体型は、全部で3つに分けられています。

 

その3つの体型とは、スクエアとハイオンとドワーフの3種類になります。

 

 

〇スクエア

 

この体型は、トイプードルの理想体型と言われております。

 

横から見た時に4本足と胴を結んだ形が正方形に見えることからそう呼ばれるようになりました。

 

足の短い子=ドワーフと間違った認識が蔓延していますが、人気No.1はスクエア体型で体高の低い子が足も胴もつまった子になります。

 

 

〇ハイオン

 

ショータイプなどに多いのがこのハイオンと呼ばれる体型で人間でいう所のモデル体型です。

 

ハイオンは、胴の長さに比べて足が長くスラッとした体型です。

 

 

〇ドワーフ

 

一番勘違いの多い体型です。

 

足が短く幼児体型と勘違いされる方が多いですが、トイプードルをよく理解していない人がドワーフ=足と胴のつまった子と誤った認識が広まったため、いまだに勘違いされているのが現状です。

 

正確にはハイオンの対義語で足の短さに比べて胴が長い体型です。

 

オーバーですが、ダックスフンドの体型を想像すればとわかりやすいと思います。

 

顔が大きく胴も長い特殊体系の為ミックスと勘違いされやすく、繁殖数は激減しています。

 

 

トイプードルの毛色

 

現在JKC(ジャパンケネルクラブ)で認定されている毛色の数は10種類もあります。

 

認定されているカラーは単色カラーだけとされておりますが、2色以上の「ブラック&タン」と「ホワイトが主のパーティカラー」は認定されています。

 

ただしトイプードルと認定されているのは、基本単色カラーなので上記の2色以外の複数の色が混じると正式にはトイプードルとはみなされません。

 

JKCに認定されている毛色は、下記の色になります。

 

〇ホワイト

〇ブラック

〇ブラウン

〇レッド

〇アプリコット

〇ブルー

〇シルバー

〇クリーム

〇ブラック&タン

〇ホワイトが主のパーティー

 

この10色の毛色の中でペットショップなどでよく見かけるのは、レッドやアプリコット、クリームが多いはずです。

 

日本で現在トイプードルの毛色で人気があるのは、このレッド、アプリコットの茶系の毛色が人気があります。

 

この茶系の毛色のトイプードルが人気があるのは、現在流行っているトイプードルのカットのスタイルのテディベアカットが似合いまるでぬいぐるみのように可愛いからだと言われています。

 

最近では、ブラックが気品があり上品に見えることから茶系の色に次いで人気があります。

 

 

トイプードルは人気の毛色の方が値段が高い

 

同じトイプードルでも人気の毛色であるレッドやアプリコットは他の毛色のトイプードルに比べて人気がある分ペットショップなどで高く販売されています。

 

その他、人気の毛色ではなく希少価値の高いブルーのトイプードルが他の毛色に比べて希少価値の高さから他の毛色に比べて高めの値段で販売されています。

 

 

トイプードルは毛色によって性格が違う?

 

犬はよくオスとメスで性格が多少違うと言われていますが、トイプードルはその毛色によって性格が違うと言われています。

 

その原因は、はっきりとはしていませんが多くの毛色を作り出す段階の交配で起こったことだとも言われています。

 

 

トイプードルの毛色による性格の違い

 

トイプードルは、全犬種の中でボーダーコリーに次いでIQが高い犬種です。

 

つまり小型犬の中で賢い犬種となります。

 

性格も明るく活発で人間が大好きで、知らない人にもすぐに懐いてくれる性格です。

 

しかし毛色によって性格に違いがあります。

 

毛色のよる性格の違いや特徴をご紹介して行きます。

 

 

〇レッド

 

テディベアのようなルックスで一番人気があるのが、このレッドです。

 

レッドのトイプードルの性格は、天真爛漫で人懐っこい性格をしています。

 

また温厚な性格で、飼い主さんを癒してくれます。

 

ただし人気の毛色ということで乱繁殖されているケースもあり性格に問題がある場合があります。

 

そのため、家族として迎え入れるためには信頼出来るブリーダーさんからの購入がおすすめです。

 

 

〇アプリコット

 

レッドとアプリコットは、とても毛色が似ていますがアプリコットの方が少し薄い茶系になります。

 

毛色と同様に性格も似ており天真爛漫で人懐っこい性格は同じですがアプリコットの方が少し神経質で怖がりなタイプが多いようです。

 

 

〇ブラウン

 

ブラウンの性格は独立心旺盛な性格です。

 

独立心旺盛ということは、言い換えればマイペースな性格であるとも言えます。

 

そのため、最初にしつけをしっかりと行わないと我儘になってしまう場合があるようです。

 

 

〇ホワイト

 

ホワイトは真っ白なだけに、他のトイプードルに比べて汚れが目立ちやすいのでこまめなお手入れが必要になります。

 

性格は、とても温厚で落ち着いています。

 

また飼い主さんに対する服従心が強いのでしつけがしやすく、初めてトイプードルを飼うという人にもおすすめの毛色になります。

 

 

〇ブラック

 

ブラックは茶系のトイプードルに次いで、高貴なイメージがあるので人気の毛色です。

 

頭もトイプードルの中でこのブラックが頭が良く、それだけではなくブラックは運動神経も抜群です。

 

また服従心が強い性格なので、しつけがとてもしやすい毛色です。

 

 

〇シルバー

 

このシルバーは、他の毛色に比べて珍しい毛色なのでなかなか見る機会がありません。

 

性格は、マイペースで神経質な所があり他の毛色に比べるとしつけに少し時間が掛かります。

 

ただし、服従心が強いので最初に飼い主さんと信頼関係を築ければしっかりと飼い主さんの言うことを聞いてくれます。

 

基本的な毛色の性格をご紹介しましたが、この他にもトイプードルには多くの毛色があり性格を考慮した上で毛色を選ぶことが出来る犬種です。

 

 

トイプードルのしつけで気を付けること

 

トイプードルをしつける時に一番気を付けなければいけないことは、トイプードルの可愛さだと言われています。

 

それは、トイプードルがあまりにも可愛い見た目のために飼い主さんがつい甘やかしてしまうからです。

 

可愛過ぎる見た目のため、いたずらをしても叱ることが出来ないという飼い主さんもいますがそれでは、トイプードルが飼い主さんよりも自分の方が上だと勘違いしてしまい上手く信頼関係を築くことが出来なくなってしまいます。

 

可愛いトイプードルだからこそ、きちんとしつけてあげることが人間と上手く生活して行く上でのルールを身に付けることが出来てトイプードルにとっては幸せです。

 

 

まとめ

 

トイプードルは今、ご紹介したように毛色の数がとても豊富で家族として迎え入れる時にどの毛色にするか迷っている人もいるかもしれません。

 

現在人気があるのは、レッドやアプリコットなどの茶系で、ペットショップで一番見かけるのはレッドなど茶系でそれに次で人気があるのがブラックです。

 

毛色によって性格に多少違いもありますから、家族として迎えいれる場合には毛色による性格の違いも考慮しながら選ぶのもいいかもしれません。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。