飼いやすい大型犬の犬種ランキング!

 

大型犬は、体格が大きく飼育しにくいイメージがあり、日本では、そこまで人気が高いわけではないのですが、そんな大型犬の中でも、「飼いやすい!」と評される犬種がいます。

 

 

そもそも大型犬とは何か?

 

大型犬は、犬の分類の中では最も大きいタイプに分類され、更に大型犬の中でも、もっと大きいタイプの超大型犬も存在します。

 

大型犬は、小型犬などのように、人間に可愛がられる為に飼育されてきたタイプなのではなく、人間の手伝いや狩猟などの仕事に従事してきた犬種です。

 

なので、パートナーとして犬を飼育したい人にはおすすめの犬種といえます。

 

大型犬の定義は決まったものがあるわけではないですが、一般的には25㎏以上、体高が50㎝以上の犬のことを言います。

 

また、体が大きいという事はパワーもあるという事です。

 

大人の男性でも対抗出来ないほどのパワーがある犬種がいるのも、大型犬の特徴です。

 

 

大型犬で飼いやすい犬種の特徴

 

大型犬はパワーがある為、攻撃的な犬種より、大人しく、優しいタイプが飼育しやすいと言えます。

 

また、室内飼育する場合、小型犬や中型犬ではそこまでスペースを必要としませんが、大型犬クラスになるとかなりのスペースを必要とし、それに加え、十分なしつけが必須です。

 

なので、飼いやすい大型犬の特徴としては大人しく、優しいタイプで、しつけがしやすい事にあります。

 

大型犬はそこを考慮しながら、飼いやすい犬種を見つけていく必要があるのです。

 

それらを踏まえ、ここから、飼いやすい大型犬の犬種ランキングをご紹介していきたいと思います。

 

 

第1位:ラブラドール・レトリーバー

 

アメリカでも長い間、大人気な犬種であるラブラドール・レトリーバーは日本でも大型犬の中では高い人気を誇っています。

 

温和な性格と社交的な性格で、人間のことが大好きな犬種です。

 

また、他の動物や子供に対しても、非常に友好的な犬種で、見知らぬ人に対しても友好的に接する為、番犬には向きませんが、家族の一員とするワンちゃんとしてはお勧めの犬種です。

 

ほとんどの犬種が縄張り意識を持つと言われていますが、ラブラドール・レトリーバーは縄張り意識が無いとも言われています。

 

また、環境適応能力が高い犬種なので、どんな家庭でも、優れたワンチャンとして飼育する事が出来る事も、ラブラドール・レトリーバーが飼いやすい犬種のメリットと言えます。

 

ただ、運動量が多く、かなりパワフルな犬種なので、飼育する場合にはそのパワフルさに振り回される事もありますが、犬とアグレッシブに遊びたい人にはおすすめです。

 

 

第2位:ゴールデン・レトリーバー

 

 

ラブラドール・レトリーバーと同じく、大型犬の中でも高い人気を博しているのが純粋で自然体と評されるゴールデン・レトリーバーです。

 

賢く、友好的で優しい性格をした犬種で、人間のことが大好きな犬種です。

 

なので、見知らぬ人や初めて会う人に対しても警戒心なく、接する事が出来るので、初めて会う人に対して吠えたり、噛んだりといった行動はほとんど考えられない犬種です。

 

忍耐力も高く、楽天的な性格なので、少し怒られたくらいではへこたれる事もなく、しつけもしやすく、飼いやすいタイプの犬種といえます。

 

ただ、寂しがり屋で、飼い主や家族と常に一緒にいたいと思っている犬種なので、長時間の留守番や室外飼育には向かない犬種です。

 

 

第3位:バーニーズ・マウンテン・ドッグ

 

スイス原産の、のんびりした性格で人気のバーニーズ・マウンテン・ドッグは、仔犬の時期はエネルギッシュで遊ぶ事が大好きですが、成犬になってくるとのんびりとする事を好むようになってきます。

 

また、性格が優しく、滅多に攻撃性を見せる事はありません。

 

他の犬やペットとも仲良くする事ができ、子供に対しても優しく接するので、どんな家庭でも、飼育する事に適した犬種です。

 

人が大好きで、人との関わり合いが欠かせない半面、寂しがり屋な一面もあり、長時間の留守番を嫌う傾向にあります。

 

体格が大きく運動量も豊富で、被毛の手入れや耳の手入れなど手入れに関しては手間がかかるタイプといえますが、のんびりとした大型犬らしい性格をしており、良いパートナーとなってくれる犬種です。

 

 

第4位:セント・バーナード

 

スイス原産の超大型犬種である山岳救助犬のバリーで有名な、セント・バーナードは、のんびりとした性格で優しく、忍耐力があるタイプです。

 

その為、少し悪戯したくらいでは怒ったりする事はなく、子供の相手としては最適な犬種です。

 

ただ、利口なタイプでもないので、しつけには根気がいりますが、セント・バーナードの性格に合わせ、のんびりとゆっくりとしつけを行えば、しっかり理解してくれる犬種です。

 

運動量は多いですが、激しく運動する必要はなく、のんびりと長い距離を一緒に、1時間ほど歩くくらいで大丈夫です。

 

世界最大の犬種ランキングで上位に上がる程の大きさなので、室内飼育する際には大変ではありますが、犬とのんびりと生活したい人にはおすすめです。

 

 

第5位:グレート・デーン

 

世界最大の大きさを誇る優しき巨人、グレート・デーンは、ギネス記録の上位をほぼ独占する程の、世界最大の体格を誇る犬種で、怖い印象を与えてしまうこともありますが、

 

その性格は穏やかで優しい犬種です。

 

のんびりとしていて、子供がいる家庭でも他の犬がいる家庭でも問題なく飼育する事が出来ます。

 

体格の割にそこまで気も強くはないので、小型犬や中型犬とも一緒に飼育する事が出来ます。

 

猟犬や軍用犬として、様々な仕事で活躍してきた犬種なので、利口で、しつけが難しいタイプではありません。

 

ただ、体格の割に繊細な所もあるので、乱暴な取扱いは苦手とします。

 

優しく接してあげましょう。

 

 

第6位:アラスカン・マラミュート

 

アラスカン・マラミュートは、北極圏の民族を始め、古くから、そり引きや狩猟などに従事してきた犬種です。

 

オオカミに似た容姿をした犬種の1つですが、性格は穏やかで愛情深く、飼い主や家族には友好的に接します。

 

ただ、見知らぬ人や、よその犬に対しては警戒心をもって接するので、飼い主や家族にとっては頼もしいパートナーとなる犬種です。

 

また、見た目に反して楽しい事が大好きで、特に飼い主や家族と、目的も無くただ歩く事が大好きな犬種なので、愛犬と一緒に長い距離を歩きたい人におすすめです。

 

ただ、北方出身の犬種なので寒さにはめっぽう強いですが、暑さにはめっぽう弱いので暑さ対策は必要です。

 

狩猟など活躍してきた犬種なので、愛想が良いタイプとは言えませんが、心を許した飼い主や家族に対しては愛情をしっかりと示してくれる犬種です。

 

多くの人に愛想を振りまくのではなく、自分だけに愛想を振りまいてくれるような犬が好きな人にはおすすめです。

 

 

第7位:ニューファンドランド 

 

熊みたいな外見が特徴のニューファンドランドはカナダのニューファンドランド島で漁師の手伝いや海難救助県として活躍してきた犬種です。

 

おおらかで優しく、社交的な性格をしており、おっとりとしています。

 

普段から落ち着いており、辛抱強いので、飼育しやすい犬種と言えます。

 

泳ぐ事が得意な犬種なので、一緒に水泳をする事もできます。

 

ただ、暑さには弱い為、そこは注意が必要です。

 

 

第8位:マスティフ

 

マスティフはかつて闘犬として活躍しており、長い歴史がある犬種で、見知らぬ人に対しては警戒心が強く、無愛想に接する犬種です。

 

ただ、飼い主や家族には甘えん坊な一面を見せて、他の犬にも優しく接する、非常に優しい犬種です。

 

また、「待て」とお願いすると、何時間でも待つことができるほどの忍耐力を持つ犬種なので、子供の相手としても最適な犬種です。

 

加えて、とても利口なタイプでもあるのでしつけは難しくありません。

 

 

第9位:レオンベルガー

 

ドイツ原産のレオンベルガーはカナダ原産のニューファンドランドとスイス原産のセント・バーナードを異種交配して生まれた犬種なので、泳ぐ事が得意な犬種でもあります。

 

大らかな性格をした大型犬で、子供にも優しく接し、人間が大好きな犬種です。

 

穏やかで攻撃性も少なく、悪戯をするタイプでもありません。

 

滅多に吠えるタイプでもないので、マンションなどの集合住宅でも飼育しやすいタイプですが、体格はかなり大きいので、室内飼育をする場合にはある程度のスペースが必要となります。

 

また、レオンベルガーには悪戯をする意図はなくても体格が大きいので、尻尾を振ったり、方向転換などをした際に室内のものを倒したりする事はあります。

 

学習能力や記憶力に優れているので、しつけは難しいタイプではありません。

 

 

第10位:ジャーマン・シェパード・ドッグ

 

ドイツ原産の牧羊犬種である、ジャーマン・シェパード・ドッグは、非常に利口で、警察犬などの様々な仕事に従事してきた犬種です。

 

現在でも警察犬や災害救助犬、麻薬探知犬などで活躍するスーパードッグの1つです。

 

忠実な性格で警戒心もあるので、番犬として飼育したい人にはおすすめです。

 

また、他のペットとも仲良くできるので、どんな家庭でも飼育出来ますが、しっかりとしつけをしないと攻撃的な態度を取るので、しつけがしっかりできる人に向いている犬種といえます。

 

 

第11位:オールド・イングリッシュ・シープドッグ

 

全身を長い毛に覆われ、顔も隠れているオールド・イングリッシュ・シープドッグはイギリス原産の牧羊犬種の1つです。

 

見た目からは分かりませんが、筋肉が発達した体格をしています。

 

陽気な性格で常に動き回っていたいと思っている犬種で、大人しいタイプが多い大型犬では、珍しいタイプの犬種と言えます。

 

非常に賢く、従順性が高いので、しつけは難しいタイプではありません。

 

また、愛情や関心を一身に集めたいと思っている甘えん坊なタイプの犬種です。

 

ただ、もともとオオカミと戦っていた犬種でもあるので、攻撃性はありますが、よっぽどのことがないと攻撃性を見せる事はありません。

 

やさしく、面倒見がいい一面もあるので子供がいる家庭でも飼育する事が出来ます。

 

因みにアメリカでは子守犬という意味のナニー・ドッグとして知られている犬種でもあります。

 

顔を覆うほどの毛に覆われているので、急に触ると、分からずに反射的に噛みついてしまう事もあります。 

 

 

まとめ

 

大型犬は決して飼いやすいだけの犬種ではありませんが、大きな体とその体を使って深い愛情を示してくれる姿に魅了された愛犬家が多い犬種でもあります。

 

ただ、体格の大きさとパワーは他の犬種とは比較にならないので、しっかりとしつけを行うようにしましょう。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

〈PR〉


ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。