ポメラニアンは種類によって値段が大きく異なる!?その秘密を徹底解剖します!

 

ポメラニアンを家族に迎えたいと思ったとき、ペットショップの店頭であまりに価格設定に差があることに驚いたことはありませんか?

 

中には10万円以下という子犬もいれば、50万円という驚くほどの価格が提示されていることもあります。

 

ここではポメラニアンを家族に迎える前にどのような条件が価格設定に影響するのかを知っておくこと、またその前提を踏まえたうえでベストパートナーを見つけることを考えてみましょう。

 

 

カラーバリエーションが豊富な犬種

 

一般的に犬の価格はその外見が大きく影響し決定します。

 

中でも被毛の色は価格を決めるうえで大きな要素となります。

 

ポメラニアンのようにカラーバリエーションが豊富な犬種は、より細かく価格が区分されます。

 

そのため、人気の白色は最も高額で、次にクリームが高額になります。

 

次はオレンジやセーブルといった定番のカラーが並び、黒やブラック&タンへとつながっていきます。

 

中には非常に頭数のすくない毛色を希少性から高額設定にすることもあります。

 

一例はチョコレートやブルー、パーティーカラーなどです。

 

毛色による価格設定の基準はそれぞれの販売者によって異なるので、希望の毛色が確定している場合にはその相場を事前に確認してみてもよいでしょう。

 

 

顔立ちは大きく2タイプに分かれます

 

ポメラニアンの顔立ちは丸くマズルの短いタヌキのような顔立ちと鼻筋のすっきりと通ったキツネのような顔立ちとの2タイプに分かれます。

 

ポメラニアンという犬種の祖先はキースホンドやスピッツといった中型犬でいずれも鼻筋の通った顔立ちをしています。

 

そのため、元祖に近い顔立ち、シャープな印象、スマートなつくりという点でキツネ顔を好まれる方もいます。

 

しかし日本では、小型犬にかわいらしさを求める傾向が強いことから、タヌキ顔が圧倒的な人気ぶりです。

 

たぬき顔は成長後もマズルが短く、子犬のような印象を受けるほどです。

 

タヌキ顔ではマズルが如何に短いかが評価のポイントになります。

 

この顔立ちの違いは離乳を終える時点ですでに明確に分かれているので、販売時の価格にも大きく影響します。

 

 

小型犬だからこそサイズ感も重要

 

ポメラニアンは本来成長後の体重3kgほどの犬種です。

 

しかし実際には成長後のサイズに大変なばらつきがあり、中には2㎏にも満たない小柄なこともあれば、5㎏、8㎏というサイズになることも珍しくありません。

 

特にオスは大柄になる傾向が強く見られます。

 

住宅環境や日ごろの移動手段の都合、飼い主が抱っこできるサイズなど様々な理由から成長後のサイズを重視される方が多い中で、やはり子犬の時点でのサイズ感も価格に影響をします。

 

ただ子犬の時点でのサイズはあくまでも将来のサイズを予測した目安であって、必ずしも小柄に育つ、大柄になるという断定ではありません。

 

極小サイズの子犬を高額な価格で購入した場合でも大柄なることもあるという点は承知しておく必要があります。

 

将来のサイズが気になる、確実に小柄なポメラニアンを家族に迎えたい場合には、

 

・親犬のサイズを確認する
・小柄な血統をもつ犬舎から子犬を迎える

 

などの方法を検討しましょう。

 

 

膝関節の持病が多い犬種

 

子犬は大変デリケートで環境の変化や精神的なストレスからすぐに体調を崩してしまうものです。

 

特にポメラニアンは小型犬の中でもトップクラスに食へのこだわりが強く、食欲不振、小食、偏食を起こすことも珍しくありません。

 

ただこのような体調の変化は販売、子犬の引き渡しの時点では予測ができない内容です。

 

そのため、販売の時点ではその時点で確認ができている症状、先天性疾患に関する告知義務が定められています。

 

ポメラニアンはその見た目の通りにとても骨格が華奢な犬種です。

 

特に足の骨は細く、薄い形状をしています。

 

そのため膝の関節が未発達を起こしがちで、形成不全を起こすことも珍しくありません。

 

この膝関節のトラブルを膝蓋骨脱臼といいます。

 

膝蓋骨とは膝にある皿状の骨のことです。

 

この皿状の骨は足の上下にある太い骨の兆番の役目をはたしています。

 

本来であれば皿の受け皿となる骨格の部分にきちんと収まり兆番として稼働しますが、この受け皿部分の骨が未形成を起こし、くぼみが先天的に浅い場合、膝を動かすことで皿が脇にそれてしまい本来の役割を果たせなくなります。

 

この皿が外れた状態を脱臼といいます。

 

皿が本来の位置から外れてしまうことで、足を曲げ伸ばしすることができなくなり、走り周るときに後肢がまっすぐに伸びたままになり、うさぎのようにぴょんぴょんと跳ねるような姿勢になります。

 

この状態は、自然治癒することがなく成長の過程で体重が増加したり、負荷がかかることで悪化してしまうこともあります。

 

症状が深刻になった場合は激しい痛みを伴ったり、日常生活での歩行が困難になることもあり外科手術が必要になります。

 

外科手術を受ける場合は、30~50万円ほどの費用が掛かる上に、リハビリを期間も含め相当な期間を治療に要します。

 

この膝のくぼみがどの程度形成されているかはグレードという単位で評価されます。

 

この評価基準は獣医学用語で症状に応じた基準で判定されます。

 

生後間もない時期にすでに症状が確認できる場合は、販売時にこの旨も告知されます。

 

 

性別も価格に影響します

 

ポメラニアンのような小型犬はその性別も価格に影響します。

 

メスのほうがオスよりも高額になることが一般的です。

 

メスが人気の理由は

 

・成長後のサイズがオスに比べて小柄になる
・性格が落ち着いている
・マーキングをしない
・出産を望める

 

などがあります。

 

以前はメスを購入し、自宅で出産、子犬の買い取りという流れもありましたが、最近では子犬の売買、買い取りには法的な規制もありこのようなケースは減少しています。

 

ただオスのほうが

 

・性格が社交的、甘えん坊
・被毛の量が多く、見栄えがいい

 

という特徴もあります。

 

 

価格設定は総合評価で決まります

 

このように子犬の販売価格が決定するまでには、いろいろな項目から検討がされ総合評価で最終的に結果が導き出されます。

 

決してどこか1点だけに限って判断がされているわけではありません。

 

もちろん上記以外にも

 

・血統や繁殖犬舎

・親犬のサイズ

・飼育環境

・販売店舗の環境

・販売時の月齢

 

なども加味されます。

 

子犬の価格は販売元によって大きな差異があり、一体どの程度の価格が標準的なのかと考えてしまいます。

 

そのようなときは積極的に販売先に質問をしてみましょう。

 

得られた回答から自身が納得できる項目を見つけ出し、お互いが折り合いをつけられた価格が適正価格ということになります。

 

ただし安価というだけで無条件にポメラニアンを家族に迎えてしまうことは何等かのリスクも併せて引き受けることになるので注意が必要です。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

〈PR〉

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。