ポメラニアンを飼う上で知っておきたいポイントとは?

 

ポメラニアンといえば、ぬいぐるみのように可愛い見た目で多くの愛犬家を虜にしています。

 

日本でもポメラニアンを多くの人がポメラニアンを飼っています。

 

そんなポメラニアンを飼う前に知っておきたいポイントをご紹介していきます。

 

 

ポメラニアンの歴史

 

現在のポメラニアンは、小型犬で毛色のバリエーションも多くいます。

 

しかしかつてのポメラニアンは小型犬ではなく、中型犬のサイズで毛色もほとんどが白色でした。

 

もともと、ポメラニアン地方に生息していたジャーマン・スピッツが、ポメラニアンの先祖で今の姿になるまでには、品種改良が行われ現在の姿になりました。

 

ポメラニアンという名前は、ポメラニアン地方から来ています。

 

 

ポメラニアンの性格

 

ポメラニアンを飼う上で知っておくべきポイントで大切なのは、やはりポメラニアンの性格です。

 

ぬいぐるみのような見た目から想像出来ませんが、ポメラニアンは勇敢で好奇心旺盛な犬種です。

 

先祖が、牧羊犬であるジャーマン・スピッツであったことから大型犬のように気が強く番犬としての役割も果たしてくれます。

 

飼い主さんや家族に危害を加えようとする何かが起こると、ポメラニアンは全力で守ってくれようとします。

 

また好奇心が旺盛でおもちゃで遊ぶのが大好きで飼い主さんと遊びたがります。

 

人間に対しても他の動物に対しても協調性があるので多頭飼いを考えている場合でもポメラニアン順応出来ます。

 

 

ポメラニアンの運動量

 

ポメラニアンは飼う上でポメラニアンの散歩の量がどれくらい必要なのかを知ることは大切なポイントです。

 

小型犬であるポメラニアンは散歩は必要ないのでは思っている人もいますが、ポメラニアンに散歩は必須です。

 

長い距離の散歩は必要ありませんが、1日2回朝晩に15分程度の散歩がベストです。

 

もし天気が悪く散歩が出来ない場合には、家の中で追いかけっこやおもちゃを使って遊んであげることでポメラニアンのストレス解消になります。

 

 

ポメラニアンの散歩の時の注意点

 

ポメラニアンは身体が小さく照り返しなどで身体が暑くなってしまい、脱水状態になってしまいがちです。

 

そのため、散歩は朝晩の涼しい時間帯に散歩をさせることが大切です。

 

とくに夏の暑い日には、地面が熱くないかを飼い主さんが確認してから散歩してあげて下さい。

 

またこまめな水分補給も必要で散歩をさせる時には、必ず水を持って行って水分補給をさせてあげて下さい。

 

ポメラニアンの散歩の時の注意点としてもう一つあり、骨折や脱臼をしやすい犬種です。

 

そのため散歩させる時には、道路の段差や障害物などに気を付けてあげないと骨折や脱臼の原因になります。

 

ポメラニアンに限らず、犬は落ちている物をそれが何なのかの好奇心から口に入れてしまいます。

 

もし、口に入れた物がたばこなどの毒性のある物なら危険です。

 

また犬は口に入れた物を飲み込んでしまい呼吸困難や腸閉塞の原因になってしまうので拾い食いをしないように飼い主さんは注意が必要です。

 

 

ポメラニアンはよく吠える?

 

ポメラニアンは飼う時に先祖がスピッツであることから、よく吠えるのではと不安に感じている人もいるかもしれません。

 

たしかにスピッツ系はよく吠えると思われています。

 

しかし、ポメラニアンはきちんとしつけをすれば普通の犬と同じで必要な時にしか吠えません。

 

とくに最近はポメラニアンは品種改良されており、あまり吠えないように改良されているからです。

 

 

ポメラニアンはお留守番が得意!

 

犬は基本的に寂しがり屋の動物でお留守番が苦手です。

 

しかし、ポメラニアンは先祖がスピッツであることから自立心が強く他の犬種よりお留守番が得意な犬種です。

 

仕事や用事などで愛犬にお留守番をさせなければいけない機会は多くありますがポメラニアンならその点安心です。

 

 

ポメラニアンは丈夫

 

犬を飼うときに気になるのが病気や怪我の心配です。

 

犬は人間と違い病気や怪我をした時に、動物病院に連れて行くとペット保険に加入しない場合には病院に掛かる料金が10割負担になるので飼い主さんの負担が大きくなります。

 

ポメラニアンは、見た目とは違い基本的に丈夫で長生き出来る犬種です。

 

元々寒い地方でソリを引いていたスピッツの血を引いており、体力もあります。

 

ただし、骨折や脱臼をしやすい犬種ですから室内にカーペットを敷いて負担が少ない環境を整えてあげることは大切です。

 

また好奇心旺盛な性格で気になるものがあると高い所にも危険がを顧みずに駆け上がってしまうことがあります。

 

そのため家の中で高い所に上がれないような環境づくりをしてあげることでポメラニアンの怪我を防げます。

 

 

ポメラニアンのしつけ

 

ポメラニアンを飼う上で気になることの一つにしつけがあります。

 

独立心が強い性格でありながら甘えん坊の一面があり飼い主さんの言うことを一生懸命理解してくれようとします。

 

褒めて伸びるタイプで、しつけの時に上手に出来たらしっかりと褒めてあげると元々頭が良い犬種なのですぐに教えたことを覚えてくれます。

 

ただし活発な犬種で、運動不足になるとストレスが溜まり吠えたりすることがあります。

 

そんな時にはしっかりと散歩させてり遊んであげれば、ストレスが発散され落ち着いてくれます。

 

 

ポメラニアンの被毛のお手入れ

 

ポメラニアンといえば、ふわふわの被毛です。

 

飼い主さんはそのふわふわの被毛を思わず触ってしまうはずです。

 

しかしポメラニアンのふわふわの被毛はお手入れをさぼってしまうと、毛玉が出来てボサボサになってしまいます。

 

そうならないためには、毎日のお手入れが大切になります。

 

ポメラニアンの被毛は、ダブルコートと呼ばれさふさとした毛とストレートの被毛を持っています。

 

そのため丁寧にブラッシングを行ってあげないと毛玉になってしまいます。

 

とくに耳の後ろや胸元、お尻の毛がとくに毛玉になりやすいので丁寧にブラッシングが必要です。

 

このブラッシングは、ポメラニアンの被毛をふわふわに保つためだけではなく、皮膚の血行を促進されて皮膚病の予防やポメラニアンの新陳代謝を良くしてく効果があります。

 

またブラッシングは愛犬とのスキンシップになります。

 

 

ブリーダーさんで購入するメリット

 

ペットショップでポメラニアンを購入することも出来ますがポメラニアン専門のブリーダーさんで購入した方が安くって健康なポメラニアンを購入することが出来ます。

 

またブリーダーさんから購入する場合には犬舎を見学出来たり、子犬が産まれた環境も見ることが出来ます。

 

 

ペットショップで購入するメリット

 

ペットショップでポメラニアンを購入するメリットは、犬の飼育に必要なグッズが全て揃うこともメリットです。

 

また、ペットショップの場合にはポメラニアンを購入した時にペット保険の加入も行うことが出来ます。

 

ただしペットショップでポメラニアンを購入する時には、ペットショップのゲージの中が清潔されているペットショップで購入した方が安心です。

 

一番大切なのは知名度よりも優良な業者を利用することが大切です。

 

 

まとめ

 

ポメラニアンの飼う時のポイントをご紹介して行きました。

 

今ご紹介したように見た目の可愛さとは違い性格が勇敢で自立心の強い犬種で飼いやすい犬種であることが分かります。

 

どの犬種でも同じですが愛情を持って飼い主さんがポメラニアンを飼ってあげることが一番大切です。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。