ポメラニアンが飼いやすい理由とは?

 

ポメラニアンというと愛くるしい見た目で飼いたいと思っている人も多いはずです。

 

実際にポメラニアンを飼っている愛犬家は多く、見た目の可愛さも理由の一つです。

 

しかし、ポメラニアンは人気なのは見た目の可愛さだけではなく、飼いやすい犬種であることもその理由の一つです。

 

ポメラニアンのどういう点が飼いやすいのかその訳をご紹介して行きます。

 

 

ポメラニアンの性格

 

ポメラニアンの見た目から想像する性格は、気が弱そうなイメージを想像する人も多いはずです。

 

しかし見た目とは違いポメラニアンは、勇気があり好奇心旺盛な性格です。

 

飼い主さんと一緒にいることが大好きな甘えん坊な一面もあります。

 

ポメラニアンの先祖が牧羊犬のジャーマンスピッツであることから、その気質を受け継いだポメラニアンは警戒心が強く勇敢で飼い主さんや家族に危害を加える相手がいると、助けようと向かって行くので番犬としても最適です。

 

その勇敢さから散歩の時に自分より大きな犬にも平気で近づいて行きます。

 

また協調性もあり、他の犬や動物とも仲良く出来るので多頭飼いをしたいという人でもポメラニアンは仲良くすることが出来るので多頭飼いにも向いています。

 

家族や飼い主さんがとにかく大好きで甘えん坊な性格でもあります。

 

 

オスとメスの性格の違い

 

犬はオスとメスで性格が違うと言われていますが、ポメラニアンも例外ではありません。

 

ポメラニアンのオスは、やんちゃで行動がはっきりとしており分かりやすい性格で飼い主さんからすると今何を考えているのか分かりやすいです。

 

またポメラニアンのメスですが、オスより性格は温厚で落ち着きがあり人懐こい性格です。

 

 

ポメラニアンの大きさ

 

昔の犬は外で飼うのが一般的でしたが、近年では室内で犬を飼うのが一般的になっています。

 

外で飼うのなら大きな犬でも問題ありませんが、室内で飼う場合には犬の大きさは重要になります。

 

その点ポメラニアンの大きさは、成犬でも体高が18センチから22センチで体重も1.5キロから3キロ前後が一般的です。

 

小型犬なので、狭いアパートやマンションでも室内犬として飼いやすいのも人気がある理由の一つです。

 

 

ポメラニアンは忙しい人でも飼える

 

一般的に犬は寂しがり屋の性格でお留守番を苦手とします。

 

ポメラニアンは、先祖が牧羊犬であったこともあり自立心が強く勇敢な性格をしています。

 

そのためお留守番をすることが出来るので、仕事で家を留守にすること多い忙しい人でも飼うこと出来ます。

 

またきちんとしつけをしておけば、誰もいなくてもおちゃで遊んで待つことが出来るので留守の間に家を荒らされる心配などもありません。

 

お留守番がきちんと出来ることもポメラニアンが飼いやすいといわれる訳です。

 

1人暮らしの人でも安心して飼うことが出来る犬種です。

 

 

ポメラニアンのしつけは楽

 

ポメラニアンは頭が良い犬種だということは知られており、飼い主さんが話す言葉を理解しようとしてくれます。

 

性格が甘えん坊な性格なので、しつけの際に上手に出来たらしっかりと褒めてあげれば比較的に簡単に覚えてくれます。

 

 

トイレのしつけ

 

1、ポメラニアンのトイレのしつけの方法は、トイレにあらかじめポメラニアンのおしっこのニオイを付けておきます。

 

2、家のトイレ以外の場所でおしっこをしたら、トイレまで連れて行きトイレで上手に出来たらしっかりと褒めてあげます。

 

ポメラニアンは、飼い主さんに褒められるのが大好きなので1番と2番を繰り返すことですぐにトイレも覚えてくれます。

 

 

噛みぐせを直すしつけ

 

どの犬種でも同じですが、子犬で歯が生え変わる時期には飼い主さんや家族の手や家の中にある家具に噛みついてしまうことはよくあります。

 

噛み癖は子犬の時に直して置かないと、成犬になって噛みついたら大変なことになってしまいます。

 

噛み癖を直すには、手や家具に噛みついた時に大きな声でメと叱ったり新聞紙などを丸めてテーブルなどを叩き大きな音を出すのも有効です。

 

それでも言うことを聞かない場合には、その場から離れてポメラニアンを無視することです。

 

ポメラニアンは無視されることが辛く噛みつくことが悪いことだと自覚して噛み癖が直って行きます。

 

ポメラニアンは頭が良いので、噛むことが悪いことだと教えていけば噛み癖は直って行きます。

 

ポメラニアンはその他のしつけも頭が良いので、わりとすぐに覚えてくれますし、ポジティブな性格で

 

しつけをするのに叱ってもすぐに立ち直ってチャレンジしてくれるのできちんとしつければ最後には覚えてくれます。

 

 

ポメラニアンは丈夫

 

犬を飼ううえで気になるのは、その犬種が丈夫な犬種であるかです。

 

ポメラニアンは、見た目はぬいぐるみのような愛くるしい姿で一見すると体力がなさそうに見えますが、元々寒い地方で

 

ソリを引いていた牧羊犬を先祖に持つ犬で体力自慢の犬種です。

 

丈夫な気質を持つジャーマンスピッツの血を引いているので、身体はとても丈夫な犬種ですから一度ポメラニアンを飼えば長い期間一緒に過ごすことが出来る犬種です。

 

 

ポメラニアンを飼う時に気を付ける病気や怪我

 

丈夫な犬種ではありますが、ずっと健康ということはなく病気や怪我もあります。

 

ポメラニアンは好奇心旺盛な性格で興味がある物を見つけると散歩の時や室内でも危険を顧みずに高い所でも駆け上がってしまいます。

 

そのため、骨折や脱臼などの怪我をしやすい犬種ではあります。

 

ポメラニアンに怪我をさせないためには、散歩中はリードを短くして室内にカーペットを敷き詰めてあげることで防ぐことが出来ます。

 

 

ポメラニアンの散歩

 

小型犬であるポメラニアンには散歩は必要ないと思われている人もいますが、しかしポメラニアンは好奇心旺盛で活発な性格です。

 

そのため、散歩をすることで旺盛な好奇心を満たしてくれます。

 

散歩をさせないとストレスが溜まってしまい、無駄に吠えたりする原因になってしまいます。

 

ただし長時間の散歩は、必要なく1日2回朝夕に15分程度の散歩で十分です。

 

散歩の時に好奇心旺盛な性格なので気になる物を見つけて走って行ってしまうのでリードでしっかりと管理してあげることは必要です。

 

しかし、長時間の散歩が必要ないので飼い主さんからすれば楽です。

 

 

ポメラニアンの飼育費用

 

犬を飼う時にはドッグフードやトイレ、ケージなどいろいろと購入しなければいけない物があります。

 

ポメラニアンは身体が小さいので、ケージやトイレも小さい物を用意すればいいので初期費用がそれほど掛かりません。

 

また身体が小さいので食べる量がそれほど多くはないので、ドッグフード代やおやつ代もそれほど掛かりません。

 

何よりもポメラニアンの飼育費用がそれほど掛からないと言われている理由は、他の他の犬種と比べて丈夫で生涯健康に暮らせる犬種だからです。

 

もちろん個体差はありますが、平均的に健康で生涯過ごすことが出来る犬が多い傾向にあります。

 

ペットの医療費は高額になるので丈夫なポメラニアンは飼育費用が他の犬種より掛からないと言えます。

 

 

まとめ

 

今ご紹介したようにポメラニアンは見た目の可愛いさだけではなく、とても飼いやすい犬種であることを分かって頂いたと思います。

 

ポメラニアンはスピッツ系の犬なので飼いにくいと誤解されている人もいますが、元々頭も良くしつけもしやすいので飼いやすい犬種です。

 

犬を飼う時にその犬種が丈夫かも気になりますが、ポメラニアンなら丈夫なので飼い主さんと長い期間一緒に過ごすことが出来ます。

 

ポメラニアンは他の犬種と比べても飼いやすい犬種と言えます。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

〈PR〉


ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。