犬を飼う際にペット保険は必要なのか?オススメポイントをお話しします!

 

昨今のペットブームで犬を飼う人は増えています。

 

しかし、大切な家族であるワンちゃんも人間同様に病気になったり怪我をしたりします。

 

ワンちゃんが、病気になった時や怪我をした時に動物病院に連れて行って治療をすれば、ペット保険に加入していなければ医療費が全額負担になります。

 

もし大きな手術をすれば、かなり高額な支払いが発生してしまい、飼い主さんからすれば経済的に大きな負担になります。

 

ワンちゃんを飼う時にペット保険に入るべきか、どうかを考えて行きたいと思います。

 

 

ペット保険に対する考え方

 

ペット保険に対する考え方は、飼い主さんそれぞれで意見があり一概に加入した方が良いとは言えません。

 

ワンちゃんのペット保険と、人の医療保険の役割は同じもので、現在では保険に加入している人は沢山います。

 

しかしワンちゃんにペット保険を掛けている人は少なく、愛犬が病気になってしまった時や怪我をした時などに愛犬の治療に高額な医療費を支払って初めペット保険への加入を意識する飼い主さんも少なくありません。

 

ペット保険は、当たり前のことですが加入すれば毎月保険料が必要になります。

 

大きな病気や怪我をするかも分からないのに、ペット保険の保険料を支払うのが経済的に大変だと考える飼い主さんも少なくありません。

 

 

ペット保険の役割

 

ペット保険の保険料は「掛け捨て」の保険になっており、愛犬が病気になったり怪我をしたりしなければ保険料は一切返って来ません。

 

そのため飼い主さんの中には、ムダだと考える人もいます。

 

しかし、もし病気や怪我をした時には高額の医療費もペット保険でカバーすることが出来て、愛犬に十分な治療を受けさせてあげることが出来ます。

 

もし、ペット保険に加入していなかったら、愛犬が重い症状を患ってしまった場合には、高額な医療費が掛かってしまうケースもあります。

 

ペット保険に加入していれば、迷わず治療を決断出来るのに医療費によっては治療を断念しなければいけなくなります。

 

飼い主さんなら、愛犬の治療を躊躇なく受けさせてあげたいとどの飼い主さんも思っているはずです。

 

ペット保険は、飼い主さんが愛犬の治療を躊躇せずに行うために大きな役割を果たしています。

 

 

犬は人間に比べて老化が早い

 

人間も年を重ねて行くと、身体にいろいろな問題が起きて病院に頻繁に通うようになります。

 

ワンちゃんは人間よりも早く年を取るため人間より病気になった時の進行が早いと言われています。

 

そのため、今はお金が無いからとすぐに病院に連れて行かず、手遅れになってしまうことがあります。

 

愛犬が手遅れにならないように病院に連れて行くためには、ペット保険は必要です。

 

ペット保険に加入していれば、高額の医療費が掛かるのではないか?と、迷うことなく愛犬を早めに病院に連れて行くことが出来ます。

 

 

ペット保険は保険料だけを意識しない

 

ペット保険を愛犬に掛けようとすると、保険会社が多くのペット保険を販売しており、どのペット保険に加入すればいいのか分からず迷ってしまう飼い主さんも少なくありません。

 

ペット保険に加入する際に、一番に気になってしまうのが保険料ですが、保険料が安いというだけでペット保険を選んでしまうと、後に失敗したということにもなりかねません。

 

その理由は保険料が安いと、対象となる病気や怪我が少なく、いざという時に補償の対象外ということで保険が役に立たないことがあるからです。

 

 

ペット保険の選び方のポイントとは?

 

ペット保険を選ぶ際にはいくつかのポイントがあるので、そのポイントをご紹介します。

 

 

愛犬の年齢と病歴を意識

 

人間の保険にも加入出来る年齢の上限がありますが、犬のペット保険にも加入出来る年齢の上限があります。

 

ペット保険を出している保険会社の多くが、7歳から10歳の年齢を上限としている保険会社が多く高齢犬の場合には、加入出来ない場合があります。

 

愛犬の年齢だけではなく、愛犬のこれまでにかかってしまった病気によっては、ペット保険に加入出来ないことや、加入出来ても条件付きの加入になる場合があります。

 

 

補償内容重視か?保険料重視の保険か?

 

ペット保険の補償内容が充実していると、保険料が高くなる傾向にあります。

 

つまり、補償内容を重視するか?、保険料を重視するか?選択をしなくてはいけなくなります。

 

ペット保険は掛け捨ての保険になるので、どちらを重視するのかは飼い主さんの経済状況によって判断が必要になります。

 

 

保険料の値上がり具合を意識する

 

人の保険も年を重ねていくと保険料が上がって行きますが、ペット保険も同じで年齢と共に保険料が上がります。

 

ただし保険会社によって、保険料の値上がりの方法に違いがあり緩やかに値上がりする保険会社とある年齢になると急激に保険料が上がる保険会社があります。

 

中には、初めから高めの保険料に設定しておいて、保険料が値上がりしないというペット保険もあります。

 

一般的には、ほとんどのペット保険が5歳以降や8歳以降に保険料が値上がりするタイプが多くなっています。

 

 

ペット保険の選び方のポイントをまとめると…

 

人の医療保険も最終的にどの保険に加入するのかはその人の好みになり、「どの保険が一番優れているか?」というのは決めることが出来ません。

 

ワンちゃんのペット保険も同じで、最終的には飼い主さんの好みでペット保険を選ぶことになるので、どの保険が優れているのかは決めることが出来ません。

 

それでは初めて犬を飼ってペット保険に加入しようとしている飼い主さんは迷ってしまいます。

 

 

管理人がオススメしているペット保険とは?

 

5歳以降の補償が充実している保険

 

初めてワンちゃんを飼う人にオススメなペット保険は、ワンちゃんの病気が増えてくる5歳以降に高額な手術や長期の通院や入院に特化しているペット保険です。

 

ワンちゃんは一般的に4歳ぐらいまでは、あまり大きな病気にかかりにくいので5歳以降の補償がしっかりとしている保険が安心です。

 

 

入院補償よりも通院補償が充実している保険

 

入院補償もたしかに重要ですが、あまり入院補償を充実させてしまうと保険料が高くなってしまいムダになってしまうことがあります。

 

それよりも通院補償を充実させることが大切です。

 

犬の治療で最も多いのは、通院治療が多いとされているからです。

 

通院補償を充実させておくことで、安心して愛犬を病院に連れて行くことが出来ます。

 

 

保険料の値上がり方か急激でない保険

 

保険料は、愛犬の年齢と共に上がるペット保険がほとんどです。

 

しかし、急激に高くなる保険を選んでしまうと飼い主さんの経済的な負担が大きくなって支払うことが出来なくなり結果的にペット保険を解約してしまう飼い主さんも少なくありません。

 

加入時の保険料を見るだけではなく、年齢と共に上がる保険料が支払い可能な保険を選ぶことも重要です。

 

以上のポイントが犬のペット保険を選ぶ時の重要ポイントになります。

 

 

まとめ

 

初めて犬を飼う時に、まず、ペット保険が必要かを飼い主さんは考えます。

 

飼い主さんなら、大切な家族である愛犬に少しでも長生きをして欲しいとどの飼い主さんも思うはずです。

 

人間と違い、ワンちゃんは病院に連れて行くとペット保険に加入していないと全額負担になってしまい飼い主さんの経済的な負担になってしまいます。

 

ペット保険は、毎月の保険料が必要になりますが、愛犬が大病した時にペット保険に加入していれば迷わず治療することが出来ます。

 

愛犬を飼えば飼い主さんには、責任があります。

 

迷わず愛犬を病院に連れて行ける環境をペット保険への加入で作ってあげて下さい。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

〈PR〉


ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。