犬を飼う際に入っておくべき保険ランキング!

 

犬は人間のように健康保険がありませんから、もし怪我や病気になってしまった時に動物病院に連れて行くと、全額負担になってしまうので愛犬の症状によっては高額な医療費が掛かってしまう場合があります。

 

手術などした場合は治療費が相当高額になってしまうこともあります。

 

最近では、犬の生活環境が向上して犬も長生き出来るようなりました。

 

そのため、愛犬のことを考えればペット保険は必要です。

 

 

ペット保険を選ぶ時はランキングを参考にしよう

 

犬も長生き出来るようになり飼い主さんにとっては、うれしいことですがその反面、高齢になった時の愛犬の医療費のことを考える飼い主さんが増えて、ペット保険の需要は増えています。

 

しかし一言でペット保険と言っても、初めてペット保険に加入する飼い主さんは何を基準に選んでいいか分からないはずです。

 

そんな時に役立つのがペット保険のランキングです。

 

犬のペット保険には選び方があり、その選び方のポイントに沿ってランキング形式でペット保険をご紹介します。

 

 

保険の請求の方法と補償内容

 

保険の請求には、人間の保険請求とは違い2種類の請求方法があります。

 

「窓口清算」と「後日清算」の2種類の方法です。

 

「窓口清算が」は保険会社が提携している動物病院で診療を受けると、はじめから保険でカバー出来る部分が差し引かれ自己負担の分だけの支払いになります。

 

「後日清算」は、いったん動物病院で全額自己負担して後日保険会社に申請します。

 

「窓口清算」と「後日清算」では、初めての保険に加入する飼い主さんにとっては、「窓口清算」オススメです。

 

また、通院や入院、手術などフルカバーの保険や通院のみや手術や入院のみの補償内容の保険があるので、選ぶ必要があります。

 

これらを踏まえ、保険の請求の方法と、補償内容の2つのペット保険の選び方に絞って、オススメのペット保険をランキング形式でご紹介します。

 

 

保険の請求の方法でペット保険を比較したランキング

 

 

第1位:アニコム損害保険 ペット保険「どうぶつ健保ふぁみりぃ」

 

ペット保険のシェア№1の保険ですから初めて犬を飼う人でも安心して加入することが出来ます。

 

提携している動物病院の数も全国の動物病院の半分以上もあり、窓口清算出来る動物病院の数が多くあります。

 

プランは50%補償プランと70%補償プランがあります。

 

このアニコムのペット保険は、補償面だけではなく飼い主さんの愛犬のしつけや愛犬の健康相談の窓口があり相談することが出来ます。

 

 

第2位:アイペット ペット保険「うちの子」

 

アニコムに次ぐシェア№2のペット保険です。

 

「うちの子」には50%補償プランと70%補償プランがあります。

 

「うちの子」ライトは90%補償プランになります。

 

提携している動物病院の数は、全国の3分の1の動物病院で提携している動物病院で窓口清算出来ます。

 

アイペットは、通常プランの「うちの子」と手術(入院含む)のみに対応した「うちの子ライト」のプランがあります。

 

 

補償面でペット保険を比較したランキング

 

 

第1位:アクサダイレクト ペット保険

 

保険金の支払い対象となる病気・怪我の治療費を補償してくれます。

 

アクサダイレクトの保険は、保険期間中の保険金支払いの限度額内であれば、支払い回数や治療1回あたりの支払金額内であれば制限がありません。

 

高額な医療費が掛かった場合でも、手厚い補償内容の保険になっていますから愛犬が重たい病気や怪我をした時に治療を迷うことなく受けさせることが出来ます。

 

突然愛犬が、体調不良になった時に365日、24時間獣医さんに電話相談することが出来るサーポートサービスがあります。

 

第2位:日本アニマル倶楽部

 

補償率が100%のペット保険で補償率が100%で補償がとても手厚くなっているのが特徴です。

 

保険料が一切値上がりしないので、保険料は同じ金額を支払うことになります。

 

通常ペット保険は犬の年齢と共に保険料が値上がりして行くので、保険料が上がらないのは飼い主さんにとってメリットです。

 

ただし、その分保険料が高めになります。

 

 

第3位:ガーデン少額短期保険「いぬとねこの保険」

 

通院に特化した「ゴールド」、通院はもちろん手術や入院をカバーした「プラチナ」、手術に特化した「パール」の3種類があります。

 

年間補償限度額の上限に応じて90%プラン、70%プラン、50%プランの3種類があります。

 

保険料と補償のバランスが取れた保険で他のペット保険から乗り換える飼い主さんも多くいます。

 

 

まとめ

 

犬を飼う時には、ペット保険への加入しておかないと経済的な理由で愛犬に治療を受けさせることが出来ないことがあります。

 

そんなことにならないためにもペット保険は必要です。

 

飼い主さんによって状況が違い一概にどのペット保険がいいとは言えません。

 

ペット保険選びは、大きく分けて保険の請求方法で選ぶ方法と補償面で選ぶ方法があります。

 

今回紹介したペット保険のランキングを参考にして愛犬のためのペット保険を選んでみて下さい。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。