犬を飼う際に入っておくべき保険を比較してみた!

 

犬を飼っている飼い主さんなら、ペット保険に加入するかで一度は悩んだことがあるはずです。

 

ペット保険に加入すれば毎月の保険料が必要になるので、多くの飼い主の人が加入するかをまず悩みます。

 

犬のペット保険も様々で分かりにくいと思う飼い主さんが多く、結果的にペット保険の加入率はまだまだ低いのが現実です。

 

しかし結論からいうと犬のペット保険は必要です。

 

なぜペット保険が必要かと、犬を飼う際に必要なおすすめのペット保険をご紹介し比較してみました。

 

 

ペット保険が必要な理由

 

最近ではペットブームで犬を飼う人が増えていますが、犬を飼う生活環境が良くなったおかげで犬の寿命は延びて来ています。

 

愛犬が長生きすることは、飼い主さんにとってはうれしいことです。

 

しかし、人間もそうですが犬も高齢になると思わぬ怪我や、病気に罹ることが増えて行きます。

 

犬が怪我や病気に罹ると、飼い主さんは動物病院に連れて行くことになります。

 

人間の場合には、健康保険がありますから3割程度の負担で済みます。

 

しかし犬の場合には、健康保険などの制度がありませんからペット保険に加入していなければ、医療費は10割負担になり高額の医療費が掛かってしまいます。

 

もし愛犬が手術を受けなければいけない時や、入院するような病気に罹った場合に高額の治療費が掛かる場合に、ペット保険に加入していなければ大切な愛犬の治療を諦めなければいけなくなる場合があります。

 

大切な家族ですから飼い主さんなら愛犬の治療を諦めるのではなく治療してあげたいはずです。

 

そのため、ペット保険への加入が必要なのです。

 

 

ペット保険の請求の方法には2種類あり窓口清算とはどんな請求方法か

 

犬のペット保険は人間の保険とは違い、仕組みが複雑になっているのでペット保険に加入する際に抑えて置くべき重要なポイントがあります。

 

一番大切なのは、ペット保険の請求方法には「窓口清算」と「後日清算」があります。

 

窓口清算の場合には、愛犬を動物病院に連れて行った時に保険でカバーされた分を差し引かれた分が自己負担分になりますので、飼い主さんは面倒な保険の手続きをしなくて済みます。

 

人間が病院に言って健康保険の負担分を差し引かれて3割負担分を支払いますが、それと同じことです。

 

ただしこの窓口清算を行っている保険会社は少なく、保険会社が指定している動物病院に行く必要があり指定されていない動物病院に行くと窓口清算は出来ません。

 

 

ペット保険の請求方法で後日清算とは

 

窓口清算の場合には、保険でカバーされた分が差し引かれていますが、後日清算の場合には動物病院での支払いを一旦全額支払い後日、保険会社に請求する必要があります。

 

保険を請求する際には、基本的には動物病院が発行した明細書で保険の請求は出来ますが、治療の内容によっては、診断書が必要な場合もあります。

 

診断書を取ると病院に文書代を支払わなければいけなくなります。

 

 

窓口清算と後日清算では窓口清算がオススメ

 

ペット保険には窓口清算と後日清算の保険が下りる方法がありますが、後日清算だと請求を飼い主さんが行わなければならないため手間が掛かります。

 

また、診断書が必要な場合には別途文書代が掛かってしまうデメリットがあります。

 

その他に、保険の請求には期限があり期限を過ぎてしまうと、保険をもらい損ねてしまいます。

 

初めて犬を飼う場合には、ペット保険に不慣れな場合や、保険の請求の手間を考えると窓口清算をしているペット保険を選んだ方がいいです。

 

 

窓口清算を行っているペット保険の会社は

 

窓口清算を行っている保険会社は現在大手の保険会社のアニコムとアイペットの2社がほとんどです。

 

このアニコムとアイペットは、提携している動物病院でペットの保険証を出せば保険でカバーされた分の残りだけを支払うだけで済み飼い主さんからすれば、手続きが必要ありません。

 

窓口清算を行っているこの2社の保険会社ですが、アニコムもアイペットも提携している動物病院は窓口清算が出来ますが提携していない病院に行くと後日清算になりますから注意が必要です。

 

 

アニコムとアイペットの比較をしてみました

 

窓口清算をしているアニコムとアイペットの比較をしてみました。

 

 

アニコム損害保険 ペット保険「どうぶつ健保ふぁみりい」

 

ペット保険のパイオニアであるアニコムのこの保険は、ペット保険の中でのシェアがナンバー1です。

 

プランは50%補償プランと70%補償プランがあり全国の動物病院で診療費の支払いが50%補償され70%補償プランは70%が補償されます。

 

保険料は50%より70%の方が、補償される金額が多い分保険料が高くなります。

 

提携している動物病院の数も全国の動物病院の半分以上(5965件)の動物病院と提携しているので、初めて犬を飼う人には安心です。

 

またアニコムでは、補償だけではなく犬を飼っている飼い主さんの愛犬のしつけや健康などに関するお悩みの相談窓口がありますから、初めて犬を飼う人や愛犬のことで心配事が多い飼い主さんにはこの特典は助かります。

 

 

アイペット ペット保険「うちの子」

 

アニコムに次いでペット保険のシェア第2位がアイペットです。

 

アイペットのペット保険は通常プランである「うちの子」と手術のみに対応した「うちの子ライト」の2つのプランがあります。

 

「うちの子」には50%補償プランと70%補償プランがあります。

 

50%補償プランは、全国の動物病院で診療費の50%が補償され、70%補償プランは全国の動物病院で70%が補償されます。

 

当然50%補償よりは70%補償の方が保険料は高くなります。

 

「うちの子のライト」は90%補償になります。

 

提携している動物病院の数は全国の動物病院の3分の1である(3869件)と提携しています。

 

ペット保険に加入する時に注意するべき点は、愛犬の加入出来る年齢ですが、2つの保険会社の加入出来る年齢を比較してみました。

 

アニコム…7歳11ヶ月

アイペット…12歳11ヶ月

 

加入する際に自分の愛犬の年齢で加入出来るかの確認も大切になります。

 

ペット保険に加入させたい犬がもし8歳以上の場合には、アニコムに加入出来ないことになります。

 

この2つの保険は加入した後は、終身タイプの保険で年齢に関係なく愛犬が亡くなるまで更新出来るので安心です。

 

また持病や怪我がある場合には保険に入れない場合がありますから、もし持病や怪我がある場合には加入出来るかの確認が必要になります。

 

 

まとめ

 

愛犬にはどの飼い主さんも健康で長生きして欲しいと思っているはずです。

 

今ご紹介したように初めて犬を飼ってペット保険に加入する際には窓口清算が理想です。

 

ただし、窓口清算の保険会社の保険料は後日清算の保険会社に比べると保険料が高めになります。

 

しかし後日清算の場合には、保険金の請求期限があり期限を過ぎると保険金が請求出来なくなってしまいます。

 

初めて犬を飼う場合には、ペット保険の手続きに不慣れなので保険の手間など考えると窓口清算が出来る、アニコムとアイペットがオススメです。

 

アニコムもアイペットも大手のペット保険会社ですからどちらを選んでも安心です。

 

もし加入しようとする愛犬が、8歳以上の場合にアイペットしか加入出来ませんのでその点は注意が必要です。

 

愛犬に長生きしてもらうためには、ペット保険は必要なのです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

〈PR〉


ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。