チワワは何故人気なのか?その理由を徹底解剖します!

 

目が大きく身体が小さく多くの人から愛されているのがチワワです。

 

人間の洋服のポケットに入るぐらいの大きさしかないのでポケットドッグと呼ばれたりします。

 

日本では、トイプードルに次いで2番目に多く飼われているのがチワワです。

 

チワワのウルウルとした目に見つめられると誰もが可愛いと思ってしまうはずです。

 

そんなチワワが、多くの人に愛されている理由を探って行きたいと思います。

 

 

チワワの歴史

 

チワワの起源は、定かではなく諸説がいくつかあります。

 

その中で最も可能性が高いと言われているのが、北アメリカにおいては最も古い犬種で当時はテチチと呼ばれていました。

 

このテチチは、死者の魂をあの世へ導き悪霊を追い払ってくれると信じられていました。

 

そのため、当時は人の死に際して生贄とされていました。

 

このテチチがチワワの先祖と言われています。

 

しかし、あくまでもこの説は諸説ある説の一つで、未だにそのチワワの起源は謎に包まれています。

 

その後アメリカで、交配が行われ現在のような姿になってチワワと呼ばれるようになりました。

 

日本にチワワが入ったのは、戦後と言われており進駐軍がペットとして持ち込んだのが最初だと言われています。

 

その後1970年以降、日本では大人気となりそれ以降人気の犬種としての位置を保ち続けています。

 

 

チワワの体型

 

チワワは小型犬の中で最も小さな犬種です。

 

そんな小さな犬種のチワワですが、体型が大きく分けて3種類のタイプがあることをご存じですか?

 

チワワの体型は「ドワーフタイプ」「ハイオンタイプ」「スクエアタイプ」の3種類があります。

 

・ドワーフタイプ

足が短く胴が長く、横から見ると長方形に見えます。

 

・ハイオンタイプ

手足がスラットして長く、首が短くまるでモデルのような体型です。

 

スクエアタイプ

ドワータイプとハイオンタイプの中間のような体型で、手足が短すぎることなくかといって長すぎるわけでもなくちょうどいい体型です。

 

 

このように同じチワワでも、体型に種類があり好みの体型のチワワを選ぶことが出来るのも人気の理由です。

 

 

チワワは体が小さいのが魅力

 

子犬はどの犬種でも可愛く、ぬいぐるみかと思うほどです。

 

しかし他の犬種は、そこから大きくなってしまいます。

 

チワワは、大人になっても体が小さくいつまでも子犬のような感覚で飼い続けることが出来ます。

 

 

チワワの性格

 

チワワは身体が小さく愛くるしい見た目で、甘えん坊な印象がありますが、その見た目とは違い意外に気が強い性格です。

 

初対面の人には、懐きにくいですが飼い主さんに対しては愛情深く忠誠心の強い性格です。

 

ただし飼い主さんが大好きなので、他の人や他の犬を相手にしているとヤキモチを焼いてしまうこともあります。

 

飼い主さんからすれば、そんなヤキモチを焼く姿も可愛くってたまらないはずです。

 

見た目の愛くるしい姿から想像出来ない性格もチワワが多くの人から愛される理由です。

 

 

チワワのオスとメスの性格の違い

 

一般的に犬は、オスとメスは性格に違いがあると言われています。

 

しかし、チワワはオスとメスで見た目も変わりませんが性格もあまり変わらないと言われています。

 

ただし、どの動物でも同じですがメスの方が大人で、オスの方がやんちゃな所があります。

 

 

チワワは室内で飼いやすい

 

チワワは日本の小さな住宅でも飼いやすいというのも人気の理由です。

 

アパートやマンションの1室でも体が小さいので飼うことが出来るので日本の住宅環境に合っています。

 

超小型犬なので、小さなスペースしか必要ないので室内で飼いやすいんです。

 

体が小さいので女性の一人暮らしや、高齢者でも飼いやすいのもチワワの魅力です。

 

 

チワワの散歩

 

チワワは超小型犬なので、室内の運動だけで十分と考えている飼い主さんもいますが、散歩は必要です。

 

散歩はチワワを運動させるだけではなく、他の人や他の犬と出会うことで社会性を身に付けること出来ます。

 

しかし、チワワの散歩は距離だと1キロ程度で十分です。

 

1日2回散歩させてあげるのが理想ではありますが、忙しい時には、1回でも十分です。

 

他の犬種に比べて散歩が短い距離で十分ですから、他の犬種に比べて散歩は楽です。

 

身体が小さいの散歩の時に引っ張られることもないので、女性でも楽に散歩させることが出来ます。

 

ただし暑さや寒さには弱い犬種なので、暑い時期や寒い時期の散歩は夏は涼しい時間帯で、逆に冬は暖かい時間帯に散歩させてあげて下さい。

 

寒い日などは、無理に散歩させるのではなく抱っこして外に連れて出てあげるだけでチワワの気分転換になります。

 

抱っこして歩けるのも超小型犬であるチワワの魅力ではないでようか。

 

 

チワワのしつけ

 

可愛い外見のチワワなので、飼い主さんは可愛すぎて甘やかしてしまいがちですが、きちんとしつけをすることは大切です。

 

きちんとしつけをしないとチワワがわがままになってしまいます。

 

チワワのしつけは、難しいという人もいますが基本をしっかりと守れば大丈夫です。

 

犬のしつけは、基本的に悪いことは叱って、上手に出来たらオーバーなくらい褒めてあげて下さい。

 

まずは飼い主さんがリーダーであることをチワワに覚えさせることです。

 

飼い主さんがリーダーであることを覚えさせればチワワは、元々頭の良い犬種なのでしつけたことは覚えてくれます。

 

チワワは他の犬種と比べてもしつけがしやすいのも人気の理由です。

 

 

チワワはお留守番が得意

 

チワワは身体が小さくお留守番出来ないのではと考えている人もいますが、お留守番が得意な犬種です。

 

しつけの段階でしっかりとしつければ、お留守番が出来ます。

 

留守番に慣れてくれば長時間の留守番も出来るようになります。

 

留守番出来るので一人暮らしの人でも飼うことが出来ます。

 

ただし留守番が終わったらしっかりと褒めてあげましょう。

 

 

チワワの毛色の種類の多さ

 

チワワの毛色は、種類が多くその毛色の多さから同じ毛色の犬はいないと言われるほどです。

 

もっとも有名な色はクリームですが、他にもブラック、レッド、チョコレート、珍しい色としてはホワイト、ブルー、イザベラなどの色があります。

 

単色以外にもタンカラーやブラックホワイト、トライカラー、フォーン、ブリンドルなどの色もあるんです。

 

その毛色のバリエーションが多く、飼い主さんは好みの毛色を選べるのもチワワの魅力です。

 

 

チワワは飼育費用が安い

 

犬を飼うということは当然飼育にお金が掛かります。

 

ただし飼育費用は犬種によって違って来ます。

 

チワワは身体が小さく、ケージ等の飼育に必要な道具の費用が安く大型犬に比べると飼育の費用が安くなります。

 

毎日口にするドッグフードも、身体の大きな犬に比べると食べる量が少ないので高いドッグフードを与えてもそれほど高い費用にはなりません。

 

飼育費用の安い犬種であることもチワワが人気の理由かもしれません。

 

 

チワワの寿命

 

小型犬の中でも体が小さく、体が弱そうに見えますが平均寿命は、少し長めで12歳から14歳と言われています。

 

日本で最も長生きしたチワワは、25歳まで生きたそうです。

 

チワワが身体が小さいので、短命と思われていますが比較的長寿の犬種です。

 

チワワはストレスを感じやすので、飼い主さんが気を付けてあげ、健康管理をしてあげればチワワは長生きすることが出来ます。

 

 

まとめ

 

チワワが人気の理由を探って来ました。

 

チワワが何故人気があるのかを分かって頂けたでしょうか?

 

チワワは体が小さく、ウルウルとした目で見られると誰もが可愛いと感じてしまう犬種です。

 

見た目だかではなく、頭も良くしつけもしやすいなど多くの魅力がありチワワは多くの人に愛されています。

 

その魅力を実感するには家族としてチワワを迎えいれることです。

 

初心者でも飼いやすい犬種なので是非、家族として迎え入れてチワワと快適な生活を楽しんで下さい。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

〈PR〉


ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。