チワワは飼いやすい!?その魅力を徹底解剖します!

 

チワワは初心者の人でも飼いやすい犬種と言われています。

 

小さくってウルウルとした目で見つめられると誰もが可愛くって思わず抱きしめたくなるはずです。

 

そんなチワワが何故飼いやすいと言われるかの理由やチワワの魅力を探って行きます。

 

 

ミステリアスなチワワの出生?

 

チワワのルーツには諸説があり、はっきりと出生が分かっていません。

 

そのため、チワワは犬の中で最もミステリアスな犬だと言われています。

 

一番有力な説とされているのが、原産国がメキシコであると言われる説で遥か昔のメキシコに住んでいたトルテック族が飼っていたテチチが先祖と言われているんです。

 

このテチチは宗教的な儀式に当時使われており、生贄として死者と共に埋葬されていたと言われています。

 

死者と共に埋葬されることで、死者の魂をテチチが悪霊から守ってくれ目的地まで先導してくれると信じられていました。

 

こんなミステリアスなテチチがチワワの先祖とは、今の可愛い姿のチワワからは想像出来ません。

 

このミステリアスな出生もチワワの魅力かもしれません。

 

 

世界最小の犬種であるチワワ

 

現在公認されている犬種の中で最小とされているのがチワワです。

 

人間の洋服のポケットにも入る小ささからポケットドッグとも呼ばれています。

 

チワワは、誕生時はなんと100グラム前後しかなく、成犬になって平均体重が1.5キロから3キロで体長も12センチから23センチにしかならない小ささです。

 

チワワが飼いやすいと言われる理由は、この小さい体にもあります。

 

日本の狭い住宅環境でもチワワなら、狭いスペースでも飼うことが出来るからです。

 

またチワワは、体重が軽いのでアパートやマンションで走り回っても足音が下の階の部屋に響きにくいのも魅力なんです。

 

日本の住環境に合っているのもチワワが、日本で不動の人気を維持している理由です。

 

またチワワが小さな体で、家の中をチョコチョコ歩くだけで飼い主は可愛くってしかたがないはずです。

 

 

チワワの性格

 

チワワは体が小さいので、その見た目からは弱々しい印象があります。

 

しかしチワワの性格は、その見た目の小ささとは違い元気一杯で自分より大きな犬にも平気で向かって行きます。

 

ちょっと攻撃的な一面もありますが、その反面臆病な面もあり大きな音などがすると怯えてしまいます。

 

とにかく飼い主さんが、大好きで人見知りの所があり自分が家族と認識していない人には警戒心を抱きます。

 

そのため、見た目は小さいですが番犬としての役割も果たしてくれるんです。

 

チワワのこの見た目から想像出来ない性格も、見た目とのギャップで魅力の一つです。

 

 

お留守番が得意

 

可愛いチワワを飼ったら飼い主さんは、その可愛さから24時間一緒にいたいと思ってしまうはずです。

 

しかし現実的には、無理な話でチワワにお留守番をさせなくてはいけないこともあります。

 

小さくって弱々しいチワワをお留守番させて大丈夫かと心配になるかもしれませんが、チワワは自立心が強く警戒心が強い犬種なので実はお留守番が他の犬種と比べると得意なんです。

 

ただし、お留守番させるにはまずはしっかりとしつけをして最初は短い時間から練習する必要があります。

 

いきなり長時間のお留守番をさせようとすると、チワワにとって大きな不安になってしまいます。

 

お留守番が上手に出来たら、飼い主さんが思い切り褒めてあげて下さい。

 

 

チワワのしつけは楽

 

チワワは元々頭の良い犬で、飼い主さんの話をしっかりと聞こうとします。

 

そのため、チワワのしつけは他の犬種と比べると楽です。

 

しかしチワワは小さな体で見た目が可愛いので飼い主さんは、甘やかし過ぎてしまう場合があります。

 

甘やかし過ぎてしまうと、チワワは無駄吠えや甘噛みをするようになってしまいチワワが飼い主さんの言うことを聞かなくなってしまいます。

 

しつけを成功させるためには、チワワを甘やかし過ぎず飼い主さんがリーダーであることをチワワに理解させることが必要です。

 

普段からチワワとコミュニケーションを取って、この人は信頼出来るとチワワから信頼され飼い主さんとチワワの間に信頼関係が築ければしつけは上手く行きます。

 

 

チワワの毛色のバリエーションは豊富

 

チワワは他の犬種と違い毛色に細かい規制がないので、ほとんどの色が認められておりそのためチワワの毛色のバリエーションは豊富です。

 

毛色には3つのパターンがあるんです。

 

・単色

・パーティーカラーと呼ばれる、メインの色とまだらの色の2色

・トライカラーと呼ばれる、3色

 

このようにチワワの毛色は、豊富にあり飼い主さんは自分の好きな色のチワワを飼うことが出来ます。

 

チワワの毛色のバリエーションの多さも魅力です。

 

 

チワワの種類は2種類います

 

チワワにはスムースコートとロングコートの2種類の犬がいます。

 

・スムースコートの特徴

 

スムースコートの特徴は、毛が短いのが特徴です。

 

・ロングコート

 

ロングコートの特徴は、ふわふわした毛並みが特徴で毛が長いです。

 

日本では、このロングコートが圧倒的に人気がありますが、海外ではスチームコートの方が根強い人気があるんです。

 

スチームコートとロングコートの見た目は違いますが性格はほとんど変わりません。

 

スチームコートとロングコートの2種類があり、それぞれに可愛さがあります。

 

好きな方を選ぶことが出来るのも魅力です。

 

 

チワワのお手入れが楽でニオイがあまりない!

 

チワワのスチームコートとロングコートの両方とも体臭があまりしません。

 

犬を飼う時にこの体臭は、気になる問題ですが体臭のあまりしないチワワは室内で飼っていてもあまりニオイが気になりません。

 

スチームコートとロングコートの両方とも毛の長さに関わらず毎日のブラッシングは必要です。

 

ロングコートの被毛のお手入れの方が大変そうですが、他の犬種と比べると毛の量が多くないので、他の犬種と比べると被毛のお手入れも楽です。

 

被毛のお手入れが楽なのもチワワが飼いやすいと言われる理由です。

 

 

チワワの散歩は楽

 

犬を飼う時に大変だと感じるのが毎日の散歩のはずです。

 

忙しい人にとってこの毎日の散歩は大変です。

 

チワワも結論から言えば散歩は、必要になります。

 

しかし、体が小さいので1日に1キロ程度で十分だと言われています。

 

そのため、チワワの散歩は飼い主さんも負担を感じることなく散歩させることが出来ます。

 

また体が小さく力が弱いので、女性や高齢の方でもリードを引っ張られることなく散歩が出来ます。

 

他の犬種と比べると、散歩が楽なのもチワワの魅力です。

 

 

チワワに洋服を着せる楽しみ

 

チワワは超小型犬で体温調整が苦手な犬種なので、洋服を着せてあげた方がいいです。

 

とくに冬の寒さに弱いので毎日洋服を着せてあげる必要があります。

 

飼い主さんは、可愛いチワワの洋服を見つけたら着せてあげたいと思うはずです。

 

チワワは機能的な面で洋服を着せる必要がありますが、飼い主さんがいろいろな洋服を選んで好きなファッションをさせてあげる楽しみもあります。

 

 

チワワの寿命

 

弱々しいイメージがあるチワワですから、寿命が短いのでと心配する人もいます。

 

しかし、チワワの平均寿命は10年から16年で犬の中では比較的長めです。

 

日本国内でチワワの最高寿命は25歳まで生きたチワワもおり人間で言えば100歳を超えています。

 

飼い主さんの心掛け次第でチワワは、長生きすることが出来ます。

 

 

チワワの飼育費用は安い

 

犬を家族として迎え入れる時には、ケージやトイレやその他の飼育道具の準備が必要になります。

 

飼育に必要な道具は、大型犬と小型犬では費用が大きく違います。

 

超小型犬のであるチワワは、飼育道具に掛かる費用が安く済みます。

 

また毎日与えるドッグフードも体が小さいチワワは食が細いので安く済みます。

 

経済的な負担が少ないのもチワワの魅力です。

 

 

まとめ

 

チワワは、日本で長い年月人気の犬種としての地位を維持しています。

 

小さい体で愛らしい見掛けで、初心者でも飼いやすいことが理由です。

 

初心者でもチワワは飼いやすい犬種なので、実際に家族として迎え入れてチワワの魅力を発見してみて下さい。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。