チワワを飼おうと思っている方は必見!知っておくべき性格や特徴をお話しします!

 

チワワというとウルウルとした大きな目と小さな体が特徴で、誰が見ても思わず「可愛い」と呟いてしまう可愛さです。

 

人間の洋服のポケットに入るくらいの大きさであることからポケットドッグとも呼ばれています。

 

チワワは小さくって可愛いということだけではなく沢山の魅力が詰まっています。

 

そんな可愛いチワワがどんな犬なのかをご紹介して行きます。

 

 

チワワの出生の謎?

 

チワワの祖先に関しては諸説があり一番有力な説が、メキシコ説でこの説をご紹介します。

 

メキシコの遺跡や文献からチワワの先祖とされるテチチと呼ばれる犬の痕跡が多く発見されています。

 

このテチチは、身体が小さく筋肉が引き締まっており、被毛が長かったと言われています。

 

このテチチは、死者の魂をあの世へ導いてくれ悪霊を追い払ってくれると考えられており、人が亡くなった時に生贄とされていました。

 

このテチチが、チワワの先祖であると説が有力だと言われています。

 

しっかりとした確証がなく諸説ありチワワの出生は、謎めいています。

 

 

チワワの大きさ

 

チワワはとにかく小さいという印象ですが、世界最小の犬種です。

 

その大きさは、成犬で体高は15センチから23センチになります。

 

チワワの成犬の体重は、平均は1キロから3キロだと言われています。

 

ただしこの数字は、あくまでも平均で個体差があり5キロ以上あるチワワもいます。

 

同じ親から生まれても、体重に差があるということもあるんです。

 

 

チワワの性格

 

小さくって弱々しい印象があるチワワですが、その性格は見た目とは違います。

 

チワワは飼い主さんが大好きで、飼い主さんには愛嬌を振りまいてくれ飼い主さんにはたまらなく可愛い犬種です。

 

しかし知らない人には、警戒心を抱き知らない人には懐きにくいです。

 

ただし他の犬とは仲良く出来る性格です。

 

好奇心旺盛で勇敢ですが、大きな音などには怯える一面も持っています。

 

何か怖いことがあると飼い主さんに甘えて来るので、飼い主さんはその時はしっかりと守ってあげて下さい。

 

 

チワワはお留守番が得意!

 

小さく甘えん坊のチワワは、お留守番が出来ないのではと思っている人も少なくないはずです。

 

しかし、チワワは他の犬種に比べてお留守番が得意な犬種なんです。

 

チワワは、自立心が強い犬種なのできちんとしつけをすればお留守番が出来ます。

 

お留守番をさせる際には、いきなり長時間のお留守番はチワワの負担が大きくなるので、最初は短い時間から始めて徐々に慣れさせて行くことが大切です。

 

 

チワワはしつけやすい

 

チワワは個体差などによって違いますが、一般的にしつけがしやすい犬種です。

 

チワワはとても頭が良い犬種で、飼い主さんに従順なので教えたことをすぐに覚えてくれます。

 

トイレや家のルールを教えてもすぐに覚えてくれます。

 

ただし頭が良いだけに、飼い主さんがしっかりとしたリーダーでないとチワワは言うことを聞かなくなってしまいます。

 

チワワのあまりの可愛さに、甘やかし過ぎてしまうとしつけがしにくくなります。

 

飼い主さんがきちんと主導権を握っていれば、しつけは簡単です。

 

 

チワワの被毛

 

チワワの被毛の種類には2種類あります。

 

スムースコートとロングコートの2種類の被毛があります。

 

 

スムースコート

 

すべすべした光沢のある短く柔らかい被毛が密集しているのが特徴です。

 

初期の頃のチワワは、このスムースコートだったと言われています。

 

 

ロングコート

 

スムースコートのチワワにパピヨンやポメラニアンを交配させて作られました。

 

身体全体が長い被毛に覆われているのが特徴です。

 

 

スムースコートとロングコートのチワワの違い

 

スムースコートとロングコートのチワワの違いは、見た目の違いだけではありません。

 

チワワは寒さに弱い犬種ですが、ロングコートの方が毛が長い分だけ寒さに強いです。

 

逆に毛が長い分だけロングコートの方が暑さに弱い面があります。

 

ロングコートのチワワは被毛が長いので、トリミングは必要になりますが飼い主さんの好きなスタイルにすることが出来ます。

 

逆にスムースコートは、トリミングの必要がなく日頃のブラッシングが楽です。

 

抜け毛に関しては、スムースコートの方が少なさそうですが、ロングコートの方が抜け毛が少ないようです。

 

スムースコートとロングコートの性格の違いはほとんどありません。

 

 

チワワの毛色の種類

 

チワワの毛色の種類は多く数え切れないほど多くあります。

 

チワワは単色だけではなく、2色以上の毛色を持つチワワもいます。

 

また3色で構成されるパターンのチワワもおり「トライカラー」と呼ばれています。

 

毛色の数が多いので、自分の好きな毛色のチワワを飼いやすい犬種です。

 

 

チワワの表情は豊か

 

チワワというと大きなウルウルとした大きな目が魅力です。

 

どの犬も同じですが、犬は言葉を話せませんがその表情でコミュニケーションを取ることが出来ます。

 

チワワは表情が豊かな犬種で、喜怒哀楽を表現してくれます。

 

 

チワワを飼う時の注意点

 

チワワはとにかく元気で家の中を走り回ります。

 

そのため飼い主さんは、チワワが室内で怪我をしない環境を作ってあげる必要があります。

 

チワワは体格が小さく、骨が細いためちょっとしたダメージで怪我をしてしまいます。

 

怖いもの知らずのチワワは、危ない所にでも上がってしまうのでフローリングの場合には、きちんとカーペットを敷き詰めてチワワへのダメージが少ないようにすることです。

 

また寒さや暑さに弱いのでエアコンで室内の温度に気を付けてあげる必要があります。

 

 

チワワの散歩は必要?

 

超小型犬であるチワワには、室内の運動だけ十分だと考えている人もいます。

 

しかし結論から言うと、チワワに散歩は必要です。

 

散歩が必要な理由は、運動量だけの問題ではありません。

 

チワワを散歩をさせないと、外の世界を見ることが出来ず他の人や他の犬に会うことなく社会性を身に付けることが出来ません。

 

散歩させることで外の世界を知り、社会性を身に付けることが出来ます。

 

また散歩中にいろいろなニオイを嗅ぐことで、犬本来の好奇心を満たすことが出来て自立神経のバランスを整えることが出来るんです。

 

様々な理由で、チワワの散歩は必要ですが身体が小さいので1日に1キロ程度の散歩で十分です。

 

暑い時期や寒い時期には、特に注意が必要で暑い時期には暑い時間帯を避け寒い時期には寒い時間帯を避けて散歩させてあげて下さい。

 

 

チワワの寿命

 

チワワは見るからにひ弱そうにみえますが、チワワの寿命は大型犬に比べると少し長めで、平均10歳から18歳です。

 

日本で一番長生きしたチワワは、25歳で人間で言うと100歳を超えています。

 

ペットフードの質の向上や医療環境が発達しているのでチワワの寿命は延びています。

 

飼い主さんがチワワの健康を考えてあげることでチワワは長生きして飼い主さんと長い時間を一緒に過ごすことが出来ます。

 

 

チワワの飼育費用は安い!

 

犬を飼う時には、当然ですが飼育費用が掛かります。

 

超小型犬であるチワワは、飼育に必要な道具が全て小さい物で良く大きな犬と比べると安い費用で済みます。

 

食べる量も少ないので、高い質の良いドッグフードを与えても他の犬種に比べると安い費用で済みます。

 

またロングコートはトリミングが必要ですが、スムースコートならトリミングの費用も掛かりません。

 

他の犬種と比較すると、飼育費用が安く済む犬種です。

 

 

まとめ

 

チワワがどんな犬かを探って来ましたが、チワワがどんな犬か分かって頂けたでしょうか?

 

チワワは見た目が小さく可愛いだけではなく、多くの魅力がある犬種です。

 

女性や高齢の人でも、チワワを身体が小さいので飼いやすい犬種です。

 

チワワは家族として迎え入れれば、いろいろな表情を見せてくれるはずです。

 

初心者でも飼いやすい犬種なので、家族として迎え入れてみて下さい。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。