犬の購入前から購入後までに必要な流れとは?

 

犬を飼うという事、それは家族が増えるという事です。

 

きっかけは「可愛いから飼ってみよう」と軽いかもしれませんが、命を預かるという事を忘れてはいけません。

 

そして飼ったら最後まで責任をもって面倒をみなければなりません。

 

ペットショップなどで見かけて欲しいとなっても、衝動買いはいけません。

 

生き物には「母性本能」が備わっています。

 

自分よりも小さく、目が大きくて顔が丸く、高い声で泣くものに対して、本能的に「保護したい」という衝動が生まれる傾向があるのです。

 

生き物の子供は皆、「母性本能」をくすぐる見た目をしているのです。

 

一度冷静になり、本当に欲しいのか?責任と覚悟をもって面倒をみれるのか?考える必要があります。

 

 

犬を飼う前に、クリアにしておかなければならない点

 

 

住居の問題

 

最近では室内飼育が主流となりました。

 

自宅に十分なスペースがあるのか、清潔で快適な環境を与える事が出来るのか確認しましょう。

 

特に集合住宅の場合は注意が必要です。

 

ペットを飼って良いマンションでも、近隣住民とトラブルになるケースは多いものです。

 

トラブルになった場合の責任は、飼い主がとらなければならないケースがほとんどです。

 

泣き声などの騒音はしつけが大切になりますが、足音が下の階に響くなどは住宅設備によるので、しっかり確認してから飼いましょう。

 

 

経済的問題

 

犬を飼うにはそれなりの費用がかかります。

 

毎月のエサ代や、トイレシーツ代。

 

トリミングが必要な犬種は毎月のトリミング代がかかります。

 

その他に毎年のワクチン代や、フィラリアの予防薬代なども必要です。

 

病気にかかれば保険がないペットの治療は、高額な費用がかかってしまいます。

 

最後まで責任をもって犬を飼うには、費用がかかるということを忘れないようにしましょう。

 

 

飼う犬を決めよう!

 

まずどんな犬を飼うのか決めましょう。

 

犬は犬種により大きさも性格も様々です。

 

ドッグスポーツを楽しみたいのならば、活動性の高い犬種がピッタリでしょう。

 

また集合住宅で飼うのならば、テリトリー意識が強くなく友好的な犬種が良いでしょう。

 

特にはじめて犬を飼う人は自分の好みだけで選びがちですが、しつけがしやすかったり気性が穏やかな犬種を選ぶ方が良いです。

 

ライフスタイルに合った無理なくお世話出来る犬種を選ぶ事が、飼い主と犬の双方にとっても幸せです。

 

 

どこで買うのか決めよう!

 

新しく犬を迎えるには

 

「ペットショップで購入」

「ブリーダーから直接購入」

「保護犬を引き取る」

 

などの方法があります。

 

 

ペットショップ

 

一番手軽に子犬を迎える事が出来るのではないでしょうか?

 

ホームセンターにもペットショップが入っている事が多いです。

 

ペットショップで購入するメリットとは、すぐに購入出来るという事です。

 

様々な犬種の子犬がいる為、まだ犬種を決めていない場合でも選択肢が沢山あります。

 

面倒な手続きやワクチンを済ましてから引き渡してくれる場合もあり、ペット保険に加入する事も出来ます。

 

ペットグッズも販売されているので、すぐに子犬を迎える事が可能です。

 

しかしペットショップでは子犬の両親を見ることが出来ず、子犬の将来の姿を想像しにくいです。

 

遺伝子疾患など健康面で問題をかかえている場合があっても分かりづらいのが難点です。

 

また生後50日ほどで親犬や兄弟犬と引き離されているので、社会性が身についておらずしつけに手こずる場合があります。

 

ペットショップで購入する場合は良いペットショップを見つける事が大切です。

 

子犬の両親について教えてくれるような親切なペットショップを選びましょう。

 

 

ブリーダー

 

ブリーダーから直接購入する場合、優良ブリーダーを自分で探さなければならないので手間がかかります。

 

しかしブリーダーから直接購入すると、質の良い子犬を迎える事ができます。

 

ブリーダーから購入するメリットは、子犬の両親や生活環境などを自分の目で確かめる事が出来るという事です。

 

優良ブリーダーの犬は見た目はもちろん、遺伝子疾患などに気を使っているので、健康面で優れています。

 

またペットショップで販売されている子犬が、生後50日ほどで親犬や兄弟犬と離されるのに比べ、ブリーダーの子犬は2~3ヶ月ほど親犬や兄弟犬と過ごします。

 

この次期は「社会性」を学ぶ大切な次期で、社会性の身についた子犬はその後しつけがしやすく、やかな性格をしています。

 

ただし、ブリーダーの中には悪徳ブリーダーもいるので、ある程度知識をつけてから探さなければなりません。

 

 

保護犬を迎える

 

保健所などに引き取られた犬を、家族として迎える方法です。

 

もしかしたら殺処分される不遇な犬を助ける事が出来ます。

 

ペットブームの裏では毎年「10万頭」もの犬猫達が殺処分されています。

 

保護犬を迎える事は大変素晴らしい事です。

 

しかし安易な考えで里親になってはいけません。

 

里親になるには厳格な審査があり、飼い主としての適した人格・適した環境が必須です。

 

また保護された犬の中には病気や性格に問題を抱えている場合もあり、

 

覚悟をもって迎えなければなりません。

 

こんなはずではなかったとならない為にも、どういう状況で保護されたのか特定の人間にしか懐かないなど詳しく聞いてから考えましょう。

 

 

犬を迎える準備をしよう

 

迎える子が決まったら自宅の準備をしましょう。

 

 

必要な物を揃えよう

 

犬を飼うにあたって主に必要なものは

 

・ゲージ

・トイレマット&トイレシーツ

・ベッド

・食器&水入れ

・ドッグフード

・首輪&リード

・おもちゃ

・ブラシ

 

その他にも爪切りや耳掃除、シャンプーを自宅でする場合はお手入れ用品が必要になります。

 

 

快適な空間を作ろう

 

犬の生活スペースは家族が集まるリビングがベストです。

 

直射日光が当たらず、風通しの良い場所にサークルを設置しましょう。

 

夜はサークルやゲージの中で寝るようにさせましょう。

 

ペットと一緒のベッドで寝る人も多いですが、しつけをする上では別々で寝た方が良いです。

 

フローリングや階段は犬の足腰に悪影響です。

 

部屋がフローリングの場合はマットを敷くなどの対策をしましょう。

 

階段は飼い主が抱っこして昇り降りさせてください。

 

 

危険な物に対策をしよう

 

特に子犬は好奇心が旺盛で色々なものをかじります。

 

電気コードや薬品類・観葉植物など口にすると危険な物は、事前に片付けておくなどの対策をとっておきましょう。

 

また木製の椅子やテーブルの脚、タンスの角なども、子犬はかじる場合があります。

 

特に歯の生え代わりの次期は、ムズムズする為、色々な物をかじりやすいです。

 

家具などには犬の嫌いな臭いのする「かじり防止スプレー」をかけておき、かじっても良いおもちゃやガムを与えてやると効果的です。

 

 

畜犬登録をしよう

 

飼い主の義務である「畜犬登録」をしましょう。

 

ペットショップやブリーダーでは、まだ登録をしていない場合が多いので、飼い主が購入後にしなければなりません。

 

まず、子犬が最後の混合ワクチンを接種したら、狂犬病の予防接種を病院でうけます。

 

その時に病院からもらう「注射済証明書」を持って、30日以内に市区町村役場か保健所で畜犬登録の手続きをします。

 

登録が終わると「狂犬病予防接種済証」と、自治体金属プレートの「犬鑑札」の合計2枚の金属プレートが貰えます。

 

登録するのは生涯1回だけで、その後は毎年「狂犬病」の予防接種の案内が来ます。

 

他のワクチンは任意接種ですが、「狂犬病」の予防接種は飼い主の義務です。

 

受けさせていない場合は罰金などもありますので、必ず受けましょう。

 

 

動物病院へ連れて行こう

 

狂犬病の予防接種とは別に、生後50~60日の間に1回目の混合ワクチンを打ちに動物病院へ行きましょう。

 

※生後30~40日前後にパピーワクチンを接種する場合があります。

 

2回目のワクチン接種は約1か月後に、3回目のワクチン接種はさらに1か月後に打つことで、抵抗力をつけることができます。

 

散歩デビューは3回目のワクチン接種が済んでからが良いとされます。

 

予防接種だけではなく、飼い始めには健康チェックもしましょう。

 

特に子犬は体調を崩しやすく時に命に関わる事もあるので、必ず動物病院には連れて行きましょう。

 

また避妊や去勢の手術も検討しましょう。女の子の場合避妊手術をする事により、乳癌や子宮蓄膿症など女の子がかかりやすい病気を防ぐ事が出来ます。

 

男の子の場合去勢手術により、前立腺癌や睾丸の病気など男の子にかかりやすい病気を防ぐだけでなく

 

「マウンティング」などの問題行動を抑える事が出来ます。

 

 

ペット保険に入ろう!

 

人間は健康保険に加入していれば3割負担で病院にかかれますが、ペットの場合は100%自己負担です。

 

動物病院では、治療が長引いたり、手術が必要な場合には高額の治療費がかかってしまうことがあります。

 

現在では医療の進歩により、犬の寿命が延びています。

 

老犬になれば病気をする可能性も高くなります。

 

満足な治療を受けさせてあげる為にも保険に加入する事を推奨します。

 

ペット保険に加入する際には、「損害賠償特約」も付けましょう。

 

あってはならない事ですが飼い犬が他人を咬んで傷つけた場合、その責任を負うのは飼い主です。

 

「損害賠償保険」は飼い主として入っておくと安心な保険です。

 

 

犬を迎えた後に気をつける事

 

 

はじめの1週間は構わない

 

犬が自宅にやって来た後は、慣れるまでは構いすぎないように気をつけましょう。

 

特にはじめの1週間は食事とトイレの世話以外は構わないように気をつけます。

 

新しい環境へやって来た犬のストレスは相当なものです。

 

本来子犬は1日に何度も睡眠を繰り返して過ごします。

 

しかし慣れない環境でストレスと睡眠不足が続くと、あっという間に体調を崩してしまいます。

 

可愛いのでついつい構いたくなりますが、愛犬が慣れるまでは我慢しましょう。

 

ただ、見ることもストレスとなり神経が休まらないのでカバーなどで目隠ししましょう。

 

 

以前と似た環境を意識する

 

ドッグフードも出来れば今まで貰っていた物と同じものを、しばらくはあげるようにしましょう。

 

別のフードにする場合は、何日かに分けて少しずつ新しいフードに切り替えていきます。

 

急にフードを変えると、下痢をしたり食べない事もあるので注意してください。

 

はじめは飼い主さんも我慢ですが、子犬には高い順応能力があります。

 

すぐに慣れて素敵なペットライフが始まります!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

〈PR〉


ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。